[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2014年02月03日

人の心の中の「カルト教祖」

僕は、人の話を聞かず独善的で自己中心的な輩が嫌いだ。

現実を把握しようとする前に、
人の話、その真意を、よく理解しようとする前に、
「私はこう思う」一辺倒で、自分の思いや考えをごり押しする輩が嫌いだ。

自分の思いが現実の全てです…とでもいうつもりなのだろうか、
神にでもなったつもりなのだろうか。


自分の思い(認識)と現実の間には、必ずズレがある。

認識と現実との間に横たわるズレを
修正していく努力をしない、
そもそもズレていることにすら気付かない人って、
本質的に麻原彰晃とか小島露観とかと大差ないと思う。

彼らカルト教祖は、自分の思いこそが全てであり、
現実は自分の思いに従属すると思ってるから、

地下鉄にサリンを撒いたり、
変態じみたエロ儀式をやったりできたのだ。


人は、無自覚なままに、心の中にそうした
「カルトの教祖」的な何かを
飼っていたりするものなのかもしれない。

だからこそ、カルトに同調して惹かれて
ふらりふら〜りと入って、
意気揚々と信者になっちゃったりするのだね。

そして、カルトの後押しを得て強化された「自分の思い」をごり押しして、
現実を、周囲の人間関係を、自らボロボロと壊していく。


カルトは、その反社会性や特殊性について、色々と語られることが多い。
でもその反面、それは明らかに「人が作り上げたもの」でもあるのだ。

「バカと紙一重の天才」とは程遠い「フツーの人間」が、
教義に後押しされながら自意識をたっぷりと肥え太らせて、
特別になったような錯覚にどっぷりと浸かり、
引き起こされる喜劇的な悲劇…

それがカルトの側面である。


カルトに関わらずとも、
自意識を肥え太らせて、
色んな権威的な何かをカサに着て、

現実を、周囲の人間関係を無視して、
サリンの代わりに「白けた空気」を撒き散らす、
「信者のいないカルト教祖」になっちゃってる人もいる。


僕らが、ホントの意味でカルトと縁を切りたいと思うのなら…

ひとりふたりじゃなくて、
周囲の色んな人の言葉をよく聞こう、
その真意を把握するように心がけよう。

目の前の現実はどうなっているのか、
色んな角度から把握し、観察するようにしよう。

自分の意見に自信があるのなら、
必ずしもゴリゴリ主張する必要なんてない、
人の話を聞いてから、後出しで充分だ。

意見を後出しにしたほうが、
自分以外の色んな視点が踏まえられ、
より深みを増し、ブラッシュアップされるものだから。


webの発達のおかげで、
簡単に自分の意見をセカイに主張できるこの時代。

自己主張に馴れ過ぎた僕らは、
自分の独善性に気付けぬまま、
知らず知らずのうちに、
「信者のいないカルト教祖」になっているのかもしれない。

用心したい、と思う。





posted by Riot at 22:57| Comment(3) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。