[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2014年02月17日

例外に目を向け、踏まえることの意味と大切さ

ちょいと厳しい内容になるけど…
木坂健宣さんのメルマガで、ウンウン頷ける記述があったので引用してみる。

-----------------------------------------------------------------

1.「脱バカ・脱大衆」するための第一歩は、個人的な好き嫌いと
客観的な価値・評価を分離する訓練です。

2.そして次に、客観的に対象を「理解」する努力を徹底して
行うこと。

3.そうすることで自分の中に「価値の基準」が作られてきます。
これは「価値観」というものから主観性を抜き取っていった、
判断の尺度になる重要な道具です。

4.これができてきて初めて、自分の人生を自分で決断して、
つまり自分として生きていくことができるようになります。

5.それができない「大衆性の強い人」は、総じて人生の満足度や
幸福度が低い傾向にあるので、是非その負のスパイラルから脱して、
自分が望む人生を生きられるようになりましょう。


-----------------------------------------------------------------

えっと、つまるところ…
いわゆる「他人から見てバカに見える人」(かつてザインにハマッていた僕らとか、そうやね)っていうのは、個人的な好悪の感情と客観的な価値・評価が一緒くたになっている。

だから、自分の信じるものや好きなものに執着し、嫌いなものを叩きたがり、客観的な事実になど目もくれなくなってしまうんだね。

自分の好き嫌いだけで物事を判断し意見を言うから、他人の話を聞けずぶつかり合い、傷つけたり傷つけられたりする。
自分の思ってることだけに意識を向けているから、実際のところどうなのかに着目できず、自意識を過剰に膨らませたり、不安とか怒りとかを深めたりしていく。
客観的な事実を確認することを拒み、怠るから、人から騙される。

さらに、それがあまりにも度を超すと、人語を使い一定以上の知的レベルを持ち人語を解しながらも、人の話を撥ね付け、馬耳東風で聞き流し、右から左に受け流し、客観的事実よりも気分や感情を圧倒的に重んじて生き、知的交流がえらく困難な「エモーショナルモンスター」になってしまう、と。(ロカンさんみたいにね)

僕は常々「例外の存在を頭に置こう、例外について考えよう」と言っているのだけれど、言い換えれば

「自分の主観を離れて、客観的に対象を観察・理解しようよ」

ということだ。

一部の人がカンチガイしてるようだけど「自分の主義に反する例外を認め、受け入れよう」(=みんな違って、みんなイイ♪)という文脈ではないんだね、

自分の主観に固執せず、

様々な立場の主観や客観的事実の集合体である「現実」を受け入れ、

それを踏まえた上で、
自分の意見やモノサシを自分の中に育てていこう、

ということなんだ。

まっ、簡単ではないけれど。
僕もその道程の最中だけれど。

「自分の中の主観と客観」を注意深く意識して普段の自身の言動をチェックしてみたり、主観を離れて対象や状況を観察するよう心がける価値は、大いにあると思う。




posted by Riot at 00:00| Comment(8) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。