[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2014年05月11日

ヴィヴァ・プリマヴェーラと「希望」について

最近、目立った動きを見せないザイン(シリウス・ザイクス)ですが、「ヴィヴァ・プリマベーラ」という、期間限定の聖品販売企画をやっております。
翠剣社長と雅樂元三氏の対談と併せて、販売サイトを立ち上げていますね。

シリウス・キャンペーン特別号『ヴィヴァ・プリマヴェーラ』

ザイン(シリウス)側の趣旨をまとめると、このような内容でございます。

・現代社会では希望が持てない。色んなところから邪魔が入るため、自分の究極の幸福に向かって迷わず進んでいくことが難しいからである。

・希望とは「自分の究極の幸福の形に近づいていける」という確信である。

・究極の幸福の形は天与のもので、眉間の奥の「命根」に元々入っている。
 だが、そこにアクセスできる人は少ない。

・さらに、命根とハートの間の回路が詰まって分断されているため、人々は希望を感じることができなかったり、希望を持続的に感じることができない。

・したがって、命根を活性化させ、命根とハートの詰まりを取ってあげれば、新しい希望が現われ、希望の達成に向かって前進できるようになり、どんな逆境に置かれても希望を見失うことはない。

・今回の「ヴィヴァ・プリマヴェーラ」という聖品は、命根を活性化し命根とハートの詰まりを除去するために、春の女神オードのエネルギーを入れたものになっている。
また、「希望の開花」というコンセプトにより、希望が花開くように、花をモチーフとしている。


上記のような理屈とコンセプトで、いつものように、パワーストーンを用いたアクセサリーを販売しております。
価格は、安いもので5万円、高いもので17万円と、相変わらずお安くない値段がつけられています。
ちなみに、販売サイトでは、一番高価な「バラ・コレクション(栄華のエネルギー)」が一番上にありまして、儲かってなくてとにかく大きな売り上げが欲しいシリウスの現状が見て取れます。

なお、上記のとおり期間限定で、今月末までの販売だそうです。


シリウスに関わってしまった方からすれば「あぁ、またか」という、散々デジャブな内容ですね。

現代を否定して、スピリチュアルと似非科学を根拠にして、迷える人々を誘引する。
思いつき+過去の焼き直しで、全く練られていない・仕込みが甘い。


(春の女神オード・エレウシスという儀式が、過去にありました)

今までやってきたことを縮小再生産している…と、そんな感じの内容でございます。

ちなみに、販売サイトには…

※この広告文における記述は、シリウスが理論の根拠としている神智学にもとづいての説明となります。科学的な断定を謳うものではございませんので、御了承ください。

という免責事項(事前の言い訳)がしっかりと書かれています。
おかしいなぁ、そこに書かれてる内容は、神智学の範疇を超えた創作が多分に混じってますよね…「神文学」って言葉を使わないのは何故なのでしょうかねぇ(生暖かく苦笑)。


いつものことかもしれませんが、「希望が持てなくなる現代社会」という言葉で、迷える人をミスリードするザイン(ザイクス)って、本当に罪深いなと思います。
今が充実してなくて、様々なメディアの情報に乗せられやすくて、今とこれからをどうしていいのか分からず途方に暮れてる人が、シリウスの謳い文句に共鳴してしまうんですよね。
彼ら彼女らを「未熟」「情弱」「自己責任」と切って捨てるのは簡単ですが、そういう人々を「現代という時代のせいにする」「内的メカニズムのせいにする」ことでミスリードし、搾取し、さらに迷わせることは卑怯な行いだと考えます。


ちょっと冷静になって論理的に考えると…
現代という時代のせいで希望が持てないのであれば、今を生きる全ての人が希望を持てていない…ということになりますよね。
でも現実は、全くそんなことはない。
ちょっと冷静になって世の中を観察してみれば、希望を持って今を生きている人だって、たくさんいます。


希望が持てないのは、現代のせいじゃありません。

希望を心に感じられていない。
そんな自分自身を否定的に見て、気にしてる。
そして、自分と同じような人たちばかりが目に付いてしまう。


ただ、それだけのことでございます。

ときには苦しんだり迷ったり間違ったりしながらも、そんなこんなを踏まえて糧として、今をしっかりと生きる。
その中で、希望って、見えてくる・感じられると思うのです。

しかし、人生がうまくいかない、面白くないのを「時代のせい」「内的メカニズムのせい」にしてしまうと、今の自分ができること・したほうがいいことに目が向かなくなって、今必要な行動をとらないし、その結果を自分で引き受けることもありません。
そんな状態で見える希望は、残念ながら、まやかしで仮初めのものでしかないのです。

いつでも希望でいっぱいなはずのシリウスがなぜか儲からなくなり、東京や大阪、本社があった沼津の店舗も閉めて、裾野の奥に引っ込むに至ったのは、それがまやかしの希望だったからでしょう。(もしくは、小島露観(伯壬旭)に「破滅願望」という種類の希望があった、のかもしれません)

ともあれ、シリウスの提示する理論は空論、そこにある希望はまやかしですので、この記事をお読みになっている方で、今までシリウスと関わったことがなく「ヴィヴァ・プリマヴェーラ」が気になる…という方がもしいらっしゃいましたら、ちょっと一呼吸置いて、もう一度考え直して頂けたらと思います。





このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。