[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2008年11月25日

『復讐』と『人助け』と(2)

復讐心と義侠心、怒りと喜びの間で揺れながらサイトをやっていた僕に、
この「反ザイン活動」そのものを見直すきっかけになったのが、
2005年の、マスコミの一連の報道だった。

僕のサイトを見た「ある人物」からの連絡をきっかけに、
ザインの実態をマスコミに取り上げて頂けることになった。

僕は、「マスコミに取り上げてもらおう」という大それた狙いがあって、
このサイトを始めたわけではない。

取材を受けたが、いまひとつ現実感が湧かない。
実際にザインのことが「アサヒ芸能」誌で記事になったのを見て、ただただ驚いた。

そして、思った。
「僕のやってきたことは、無駄ではなかったんだ!!」と。
とても、嬉しかった。

母も現金なもので、僕がサイトをやっていたことで
マスコミの取材を受けたことを知ると、
これまでのように、サイト運営に強く反対することもなくなった。


次々と、僕のもとに取材依頼が舞い込んできた。
できる限り、僕はそれに応じたし、元軍士の仲間にも協力を仰いだ。


その一方で、報道を見て連絡を下さった元軍士の方もいた。

ザインへの強い怒りをぶつける方だけでなく、
サイトの「在籍者情報」に、自分の名前があるのを見て
とてもショックを感じたという方もいらっしゃった。

僕は、急いで「在籍者情報」の公開を停止した。

少し考えれば分かること、と言われればそれまでだが…
僕のやっていることが、ザインにいた過去を後悔し、反省している方を
いたずらに傷つけていることを知り、大変申し訳なく思った。


こんなこともあった。
報道当時、現役の軍士の方が、2ちゃんねるのザインスレで、
一部レスの削除依頼をした。

「自分がやってることを棚に上げて、削除依頼を出すなんて、
 盗人猛々しいというやつじゃないか!」

頭にきた僕は、敵愾心を剥き出しにして、削除依頼に食い下がった。

その方と色々、メールで直接やり取りをしたのだが、
ザインや、その構成員への敵愾心を剥き出しにすることは、
少しは話が通じる、話がわかるはずの相手まで、無闇に傷つけてしまう。

そんな苦い思いを、身を以て味わった。


そして、報道の力に浮かれていた僕が一番ビックリしたのが、
TBS「報道特集」以降の反響だった。

テレビの影響力は甚大である。
2ちゃんねるのザインスレ、僕のサイトの掲示板共々、わんさと賑わった。
僕は、とても驚き、そして怖れた。

「報道の影響力」の大きさを。

当時、元軍士のネオ氏は、報道を機にザインを徹底的に「叩く」つもりでいたが、
僕は、不用意に報道の祭りに乗るような真似は、これ以上したくなかった。

取材される…というのは、過去のことを根掘り葉掘り聞かれるということだ。
僕自身が取材されるならまだいいけど、
他の人にそういう負担をできるだけかけたくなかったし、
そんな「犠牲」を払ってまで過熱報道に乗ることが正しいこととは
僕にはどうしても思えなかった。

そして、僕と連絡を取り合っている元軍士の仲間や友人も、同じような気持ちでいた。


僕は、とりあえず、下手に取材に応じることをやめた。
その時期と前後して、僕は「被害者女性を執拗に口説いている」と、
でたらめなことを掲示板に書かれ、叩かれた。

僕は、とてもショックだったし、
一時は「ザイン」の名前を聞くことさえ嫌になっていた。

とりあえず、心を落ち着ける必要があった。


そして…
僕が、これからやらなければいけないことは何か。
考える必要に迫られていた。

ザインを糾弾することか。
ザインの中の、特定の誰かを糾弾することか。
ザインの馬鹿さ加減をあざ笑うことか。

それとも。

ザインに苦しめられている人の力になることか。
ザインという団体について、とりあえず知っていただくことか。

―― 答えは、ハッキリしていた。

僕は、誰かを叩くよりも、誰かの助けになりたい。
少なくとも、そうしていたほうが、僕自身が喜びを感じられるから。


そんなわけで僕は、感情的にザインを糾弾したり、嘲笑したりする路線から、
現在の「ザインの実態の啓蒙」と「被害者のサポート」という
活動路線に切り替えることにした。

…そして、今に至る。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。