[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2008年12月01日

怒りとどう向き合うか(1)

今の僕・Riotが、ザイン絡みの問題でひとつだけ心を悩ませていることがある。
それは、僕に連絡をとって下さる方が持っている「ザインへの怒り」と
どう向き合えばいいのか? ということである。


僕に連絡をとって下さる方、2ちゃんねるのザインスレ、それぞれで

「ザインのこういうところがオカシイ!」
「ザインの○○がオカシイ!!」

といった声が、よく聞かれる。

加えて、2ちゃんねるのザインスレでは、
ザインのお馬鹿ぶりをこき下ろし嘲笑するレスが毎日のようについている。


こういう怒りの気持ち自体は、僕もよく分かる。

ここまで書いてきたように、
僕自身、心の奥に溜まった怒りの気持ちを洗いざらい吐き出して、
心の傷が癒された経験があるから、
怒りをどんどん表に出すこと、それ自体は否定しない。

むしろ、そのことで自分の心が整理されて、
ザインのことを吹っ切って前に進む元気が出るのなら、
どんどん、怒りの気持ちを吐き出して欲しいとさえ思う。


…ただ、怒りというのは厄介なものなのだ。
怒りという感情は、その激しさゆえに、人を盲目にしかねない危険な代物だから、
あまりにも怒りに囚われすぎると、問題の本質を見誤る恐れがあるからだ。


客観的な視点で見てみると…
小島露観、そしてザインがあまりにも稚拙で、一貫性の欠片もなく、
思いつくままに馬鹿なことをやっていることは明らかだ。
だからこそ、ザインの異常性や馬鹿馬鹿しさをいくら不特定多数の人々に訴えても、
なかなか理解されるものではないのだ。

心無い人は言うだろう。
「そんな連中に、お前は何でダマされたの? 馬鹿じゃないの?」と。

また、ザインは悪質な押し売り電話営業や、性の儀式なんかも行っている。
それらは本当にひどいものだし、未だに怒りを覚えている人も沢山いると思う。

でも、何も知らない人は言うだろう。
「そんな電話、途中で切っちゃえばいいじゃん」
「そんな儀式、ヤバいと思ったら逃げればいいじゃん」

とても厳しい言い方をするが…
心無い第三者から見た「ザインに騙される」というのは、こういうことなのだ。
ザインは確かに間違いだらけのフザケタ教団だけど、
だからこそ、こういう連中に騙された過失は自分にある…ということだ。


ザインを嘲笑う元軍士にも、同じことが言える。
元々自分もそこにいたのに、口汚い言葉でザインを嘲笑う姿は、
敢えて悪い言い方をすれば
「同じ穴のムジナ」「目糞、鼻糞を笑う」以外の何者でもない。

お馬鹿な連中を笑うだけなら、何もザインである必要はない。
TVのバラエティー番組でも何でも見て、気の済むまで笑えばいい。

やっぱり、そこには、ザインに対する怒りや憎しみ、
そして、そんな連中に引っかかってしまった自分が許せない気持ちが
どこかにあるのだと思うが、いかがだろうか?


―― 僕たちは、ひとりひとりが、遅かれ早かれ
その過失に正面から向き合う必要があると思う。

ザインのことが、誰にも言えない心の傷となっていて、
そこから生じる怒りを僕にぶつけるのは、よく理解できる。

それでも、どこかでその怒りを飲み込んで、
自分が「ザイン」という選択をしてしまった事実を、
それによって生じる心の傷を受け入れ、直視する必要があると思う。

心の傷をザインだけのせいにしているうちは、自分が成長できない上、
周りのこと、世の中のことも見えてこないと思うからだ。

  何で、ザインに引っかかってしまったか…
  何で、小島の言葉を「脅し」だと見抜くことができなかったか…
  何で、上官のフザケタ言葉に反論できなかったか…
  何で、ザインをスッパリと辞めることができなかったか…

  今の自分は、ザインみたいな連中に引っかかりそうな人に、
  どんな言葉をかけてやれるか、
  その言葉は果たして相手に聴いてもらえるか…
  今の自分は、かつてのザインの上官みたいに、
  思い込みから人を傷つけるようなことをしてはいないか…

考えてみる必要が、あると思う。

心の傷が癒えてきたのであれば、
過去を色々と正直に振り返って、過ちを受け入れ、反省すべき点は反省し、
成長の糧、優しさと強さの糧、生きる知恵としなければ勿体無いと思うのだ。

それは確かに辛いことかもしれないけれど、
そうしなければ、ザインにいた体験はただの「骨折り損」「傷つき損」で終わってしまう。
それじゃ、あまりにも苦々しくて、そして悲しいでしょ?


痛い思いをしたことがあったなら、
いつまでもそれを心の中で「痛かった」と嘆くよりも、
日常の様々な場面で、誰かが痛い思いをしているときに、
優しく手を差し伸べてあげられるようになるほうが
人間として素敵ではないだろうか…と、僕は思う。

別に、大それたことでなくていい。
些細なことでいいのだ。

それに…
誰かに手を差し伸べると、自分も優しくなれる。
自分のことでいっぱいいっぱいになっている時よりも、
かえって癒されたりするものだ。


親しいお付き合いをさせて頂いている方々には、
こういうことを愚痴混じりに語ったことはあったけど、
ここまではっきり僕の本音を公に向けて語ったことは、今までになかった。

きっと、異論反論あるだろうし、納得いかない! と思う方もいるだろう。
ぜひ、それを直接僕にぶつけてほしい。

逆に僕のほうが、
人間の器が小さくて、感情的になりすぎてしまっているのかもしれないし、
まずは話を聴く…という姿勢を崩してしまっているのかもしれないし、
皆に理想論を押し付けてしまっているのかもしれない。

でも…
皆で自分たちのことを考えるということは、決して無駄ではないと思うんだ。

どうだろう? 皆の声を聞かせてほしい。
よろしくお願いします。
この記事へのコメント
自分の弱さ故にザインに寄りかかってしまった、今、そう思います。そして、人に言えない心の傷を大きくしてしまったとも思います。

>今の自分は、かつてのザインの上官みたいに、
思い込みから人を傷つけるようなことをしてはいないか…<

これ、耳の痛い言葉です。きっと、しているかもしれないです。


誰かが『痛い』と感じていると思った時に手を差し伸べてあげられる人間になりたいです。。。
Posted by みひたん♪ at 2008年12月01日 20:23
>>みひたん♪さん

コメントありがとうございます。
私も何だかんだで、色んな人を傷つけているのだと思います。私もまた、決して偉そうなことを言う資格はない人間です。
でも、こんな風に考えることは、絶対に無駄じゃない、意味のあることだとも、強く思っています。

小さなことでも、お互い、何かできたらいいですね。
私の場合、小さな親切をするのを躊躇ってしまったりするところがあるので、少し自分の殻を壊したいなと思っています。

>自分の弱さ故にザインに寄りかかってしまった、今、そう思います。
>そして、人に言えない心の傷を大きくしてしまったとも思います。

全く同じです…
何だかんだで私も、ザインのことは「人に言えない心の傷」です。話したところで理解されるものではないですから…
Posted by Riot@管理人 at 2008年12月01日 21:01
そう、『言えない心の傷』です。。。
言えない=癒えない、ですね。


退国した方々は、皆心に傷を持っている。特に、幹部だったことがある方はなおのことだと思います。

ひびきさん、社会復帰してるといいなと思いました。あれだけちやほやされてて、結局はポイですか。。。

やりきれないですね。
Posted by みひたん♪ at 2008年12月01日 22:26
私がザインを脱退してからですが、今まで自分が弱いという事をずっと周囲に隠してきたのを今回の件で鬱病を患い、結果的にさらけ出してしまいました。それでも、様々な所でたくさんの人達に受け入れられ、また、助けられました。ザイクスに食い物にされた事はずっと傷にはなりますが、反面、視野が拡がった事、「人ってまだまだ捨てたもんじゃないなぁ」って思える様になった事も事実ですが、まだ現段階では「人の為に何か出来る事を…」とはまだ考えられる状況ではありません。まずは、自分がどうあるべきかを模索中です。
Posted by 白狗 at 2008年12月02日 02:55
「ザイクスに関わった事は、心の傷になる」

本当にそのとおりだと思います。
辞めたからそれで終わり、という簡単なのもじゃありませんし、すぐに癒えるような傷でもありません。
ザイクスが今までどれだけ多くの人の心をズタズタにしてきたか!
そして、こんなくだらないエセ宗教にのめり込み、お金だけでなく家族や友人との絆といった大切にするべきものを犠牲にした自分にも腹が立ちます。

ザイクスから離れた今、自分が犠牲にしてきた大切なものを取り戻して行きたいと思っています。

私にできる事といえばRiotさんのサイトにコメントを書くくらいしかできませんが、少しでもザイクスに関わる人を減らすお手伝いになればと思っています。
Posted by パン at 2008年12月02日 19:46
>>みひたんさん、白狗さん、パンさん

恐縮ながら、まとめてレスさせていただきます。

まず、私が思っている以上に、ザインによる心の傷は深いのだな…と、しみじみと思いました。
そして私の言葉が、「善意の押し付け」に取られてしまったなら、本当にすまなく思います。

ただ…
人との関わりによってつけられた傷の痛みは、人との関わりで癒されることも、また確かだと存じます。

白狗さん、今はご自身を癒すことが先決です。
そして、気が向いたとき、気分のいい時にでも、ご両親の肩たたきでもやってみるとか、そんな感じでいいんじゃないかなと思います。
それに…こういうのって、誰かに言われてやるようなものではないですし。

パンさん、度々のコメント、本当にありがとうございます。パンさんの善意、しかと受け止めさせて戴きました。
辞めたからそれで終わりではない…まったく同感です。
Posted by Riot@管理人 at 2008年12月05日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。