[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2008年12月05日

ザインからの「卒業」

だいぶ前に、ブルーホールさんが
『ザインからの「卒業」』ということをブログで書いていた。

ザインを辞めた人の多くは、心に傷を抱えながらも、
誰にも束縛されない自由な人生を歩み始めている。

皆が、ザインなんぞにとらわれることのない自由な人生を歩んでいるのを見て、
僕は、とても喜ばしく思う。
僕に連絡をとって下さった方が、強い決心のもとに
「ザインを卒業」していくのを見るのは、本当に嬉しいことだ。

ザインは、ある意味においては「学校」みたいなものだろうと思う。
世の中の、人間のエグい部分の一端を、
拳骨やらタバコの火やらをグリグリと押し付けるように、教えてくれる。

そして、ザインを卒業して「自由」になる人にも、色んな人がいる。

ザインのことは忘れたいと、強く思う人、
今を一生懸命生きながらも、たまに心の傷が疼く人、
2ちゃんねるで怒りを吐き出したり、現在の動向をしきりに知りたがったりする人…

きっとそれぞれに、理由があるのだろう。
元々の性格や、ものの考え方、心の傷の深さ、背負い込んでいるもの…
人それぞれ、違うのだと思う。

それでも、せっかくザインを「卒業」して「娑婆」に出たのだから、
ひとりひとりがその後の人生を、少しでも明るく、自由に、楽しく生きられればいいな…と
僕は願っているし、そのようにエールを送りたい。

心に傷はあっても、それに囚われるのは悲しいことだ。
そして、ザインへの怒りや恨みつらみに心を奪われて、自分を見失うのは
見ていて残念な気持ちになる。

きれいさっぱり、心の傷を消すことも、癒すこともできないのかもしれないけど、
せめて少しだけでも、前を向いて日々を生きることができたらな…と
僕は願ってやまない。

―― こう書くと、ガッコの先生みたいな
「上から目線な」物言いだな…と自分で思うのだけど(苦笑)、
僕自身も当事者としてザインにどっぷりと関わっていたので、
そういうのとも違う気がするなぁ。


しかし、時には、
「俺が一番、ザインに拘泥しているんじゃないのか?」と、
自分自身に疑問を抱くこともある。

僕のやっていることに対して
「そんなに無理しないで、自分の人生を大切にすることを考えたら?」と
善意のお言葉を頂くこともあったけど、そう言われると、

僕は、自分の人生を大切にしていないのか?
一番ザインに囚われていて、ザインから卒業できていないのは、
この僕自身なのではないか?

―― ふと、そう考えてしまうのだ。

ザインなんて、もううんざりだ…
皆が羨ましい、僕も自分の人生を歩みたい…と思ったのも、一度や二度ではない。

でも、サイトを閉じてしまうのは忍びないし、
困っている人を黙って見過ごすのも、何だか嫌だ。
また、威張るつもりではなく、事実として書くが…
サイトをもし閉じたとしても、残念ながら僕の代わりはいない。

そして何よりも、ザインにいた過去、そしてこの活動は、
あまりにも「僕の一部」になりすぎてしまった。

ザインに対して怒りや嫌忌を抱く僕も確かにいるけれど、
色々ありながらもザインと戦ってきたことへの誇りを抱いている僕、
そこに苦痛だけじゃなくて、充実感を感じている僕もいるのだ。

結局、このまま放り出すことなんてできない。
そのことに、気付いた。

心が弱っているとき、まだまだ迷うこともあるけれど…
誰に批判されようとも、善意のアドバイスを受けようとも、
「ザイン」あっての僕の人生なのだと思うようになった。

僕にとっての「ザインからの卒業」は、明確な区切りが未だ見えないでいる。
…尾崎豊の歌う「卒業」に近いのかもしれないな。


―― ザインの「卒業生」が、
1日でも多く、心から笑えるハッピーな日々を過ごせますように。
また変な奴に心を掴まれることがありませんように。
怒りや憎しみに心を明け渡さず、前向きに人生に挑めますように。

ザインのいち卒業生からのエールを、ここに送ります。
この記事へのコメント
私的には、ザイクスは「学校」というより「刑務所」って感じです。
重たい鎖を引きずりながら、看守(上官)の言う事に従わなければならない。
シャバに出たとしても心の傷が残り続ける。

ブルーホールさんのサイトは、以前見させていただきました。
本当にひどい話でしたね。
多分、ザイクスの内情を知らない人は
「そんな電話、切っちゃえばいい」とか
「買わなければいい」とか思う人もいると思います。
ですが、マインドコントロールされている会員は
「電話を切る=小島氏に反逆する」「買わない=小島氏のお勧め聖品を断る」という気持ちがありますので、「恐れ多い事」なんです。
スタッフはそれをよく知っていますので、小島氏が「お勧め」している聖品を「命令」だと言って売りつけるんです。

でも、これって立派なねつ造ですよね?歪んだ情報ってやつですか?

スタッフはその心理に付け込んで「誠意ある」「サービス満点」の営業をかけてきます。

ブルーホールさんにひどい事をしたT山は、
あの後、退国(首切り?)と登録を繰り返してザイクスに残っているみたいですが、彼にとってはザイクスはよほど居心地がいい場所みたいですね?

このままザイクス会員が減っていって、社員だけが残ったとしたらどうなるんでしょうね?
小島氏お気に入りの幹部連中だって、今までみたいないい思いはできないでしょうし、小島氏は自分可愛さに次々と「使い捨て」していくでしょう。

早くそんな日が来ればいいのに。
そうすれば、どんなに洗脳された人でも卒業できると思います。
Posted by パン at 2008年12月06日 11:17
こんにちは。お世話になっております。

私もザイクスから卒業します。

小島氏の言うことは、大部分変でしたが、ほんの少し、まともなこともありました。それは、聖品の効果が出ないときの言い訳の言葉ですが。つまり、私たちは聖品の力などアテにせずに、自力で人生をつかめるということです。コントロールされると、真実が見えなくなるのですね。

今の気分は、すっきりしてるのと、誰よりも幸せにしたかったのに、大変な思いをさせてしまう子供たちに対し、申し訳ないという二つの思いでいます。

早く、借金の返済を済ませて、子供たちを今度こそ本当に幸せにしたいです。
Posted by デネブ at 2008年12月06日 12:17
>>パンさん

学校は学校でも、「魁!男塾」みたいなのを想像して頂ければ良いかとw あっちと違って、塾長と教官がこの上なく陰険で筋が通っていないですけどね。
ザイクスの「商品が」「どのように売れているか」という事実は、なかなか外部の人には分からないですからねぇ…本当ならうちのサイトが、もっと分かりやすい形できっちりと説明すべきなんでしょうけど、時間がとれなくて出来ずにいます。すみません。
今回、私自身の体験を仔細に書かせていただいたのも、「ザインに入ると、どのような精神状態になるか」をより多くの人に分かってもらえるようにするためです。近々、今回の文章をPDFにしてダウンロードできるようにしようかと思っています。
ザイクス会員が減って、社員だけになったら…どうでしょう、そういう状況がいつ訪れるのか、ちょっと予測がつきません。小島さんが天に召されるほうが早かったりして。


>>デネブさん

こちらこそ、お世話になっております。
小島さんの言うことには、少しだけまともなこともある。これは認めておかなきゃならないホントのことです。100%のウソでは、なかなか人はダマせません。少なくとも30%は、本当のことだったり、もっともらしいことだったりするものです。我々は、その「ホントっぽい30%」にダマされないようにする必要があるわけです。
色んな人に私は言うのですが、もっとご自身に自信を持っていいと思うのです。世の中や周囲の人が冷たかったりするとなかなか実感できないけれど、人間の「力」(能力だけでなく、精神的な力とか可能性とかも含めて)って、結構バカになりません。ザイクスを辞めよう、お子様達のために頑張ろうと決めただけでも、デネブさんは立派なご決断をなさったと僕は思います。
繰り返しますが、ザイクスから「卒業」された後も、どうかご自身に自信を持って、胸を張って頑張ってください!
Posted by Riot@管理人 at 2008年12月08日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。