[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2010年11月30日

「竜線道」で検索して来られた一般参加者様へ

「竜線道」で検索して来られた一般参加者様へ

この度、「竜線道研究所」が突然の終了・閉鎖となりました。

母体となる団体のZX帝國=第四帝国、
そして株式会社シリウス(地極産業)から、
この「竜線道終了」の件につきまして、
会費(入会金および月謝半年分)の一部返金などについて、
何らかのアナウンスはありましたでしょうか?

恐らく…
事前のアナウンス無き突然の「竜線道」終了、
そして、「竜線道」会費の返金に関する手続きに関しても
全くアナウンスのない状態であろうと思われます。

¥46,000…決して安い金額ではありません。
役務の提供が充分に行われないまま、
泣き寝入りするのは納得いかない! と考える方もいらっしゃるでしょう。

もし、株式会社シリウスが、私の知らないところで、
進んで一部返金に応じているのであれば良いのですが…

竜線道会費(入会金・月謝半年分)の一部返金に関しましては、
消費者生活相談センターに相談の上、相談員さんを通して、
株式会社シリウスに対し、返金交渉をしてみるようご提案いたします。

株式会社シリウスは、
顧客の意志を無視して、霊的な脅し混じりに商品を売りつける「霊感商法」や、
わいせつな儀式、かつてはクーデター準備紛いのことまでやっていた…という
様々な問題のある会社です。

今回は、新規集客のために、幹部のひとりである
「鉄つるぎ」氏を前面に打ち立てて、
「竜線道」を企画し、売り出したものとみられます。

今後、シリウス(地極産業)から、パワーストーン、パワーグッズ、儀式の
ダイレクトメールが届くかもしれません。
もし、それも不要であれば、やはり消費者生活相談センターに経緯を相談の上、
受取を拒否することをお勧めいたします。

posted by Riot at 04:13| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然の閉鎖で会員の方がたが、金かえせと言う声がある可能性が考えられるのではないでしょうか。どこかの団体みたく、突然閉鎖で問題になる事例がありますから。土地柄、銀座はテナント料も高く、採算が取れないこれも閉鎖の原因でないでしょうか。
Posted by レギオン at 2010年12月03日 15:24
>レギオンさん

はい、「金返せ」コールをしたいけど、その受け皿がないでしょうから。なので告知しました。
竜線道、銀座ではなく、基本、目黒や横浜でやってます。目黒会場は小島が所有してるはずですし、横浜会場は元々Dyon→Platoonで借りてるはずです。銀座は「電光掲示板に広告が出た」場所です。
Posted by Riot@管理人 at 2010年12月03日 19:07
英会話教室とかもそういうことありましたね。でもこの団体は法律に従う気もないでしょうから。
でも閉鎖するということはこのヨガ教室はそれほど会員がいなかったんじゃ…。
Posted by パルナス at 2010年12月04日 11:53
>パルナスさん

書き込みありがとうございます。
この団体が法律に従う気がなかろうが、ヨガ教室の会員が少なかろうが、それは大きな問題ではありません。ザイクスのこの動きのせいで困っている人が少しでもいるであろうことを想定して、僕は僕のできることをするまで、です。
Posted by Riot@管理人 at 2010年12月04日 19:45
私が危惧していました事を記事にしてくださりありがとうございます。
私が当事者でしたら、どちらに相談すれば良いのか分からずに一人で悩むでしょう。
こちらの記事を御覧になりコッソリ消費者センターにご相談なさる方がいらっしゃるかもしれません。
この記事が会員になられた方のお目に触れ、見えぬ誰かのお力、勇気になればと願っています。
Posted by うめこ at 2010年12月06日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。