[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2011年02月26日

報道特集「謎の集団・ザイン」

2005年7月に放映された、TBS報道特集「謎の集団・ザイン」です。

〜前編〜




〜後編〜




改めて、小島の「自己責任」発言に腹が立つと同時に、

もう少し、カメラの前で気の利いたことを言えんのか?! と
自分にツッコミを入れるRiotでありました(苦笑)
この記事へのコメント
偶然夕べ、2ch.から動画を見ました。今はなき 鉄さん白銀さん、茜さんが映っていたのが時代を感じさせました。

あの頃より加速度的に悪化の一途を辿っているザインですが、あの報道特集を私と見ていた主人が一言「か〜さんは大丈夫なのか?」と声をかけて来ました。
「私は絶対マインドコントロールなんてされてない。私が洗脳されておかしくなってるかどうか、今の私を見て欲しい」…

今思い起こしても 穴掘って潜りたくなる恥ずかしい発言です。
無意識のうちに行われてゆくのが洗脳の怖さだと、痛感している私です。
小島氏の理念は昔から変わっていないとしても、何が変わってしまったのか…よく『軸線』の話がされましたが、さて…。
Posted by まりぃo(^◇^)o at 2011年02月26日 09:53
>まりぃさん

時の流れ…といえばそうですが、普通の会社組織でしたら、ここまで人をクビにしないですよね… 笑っちゃうくらい、いない人ばっかりですから。こんなとこにも、ザイン(ザイクス)の異常さが窺い知れます。

知らず知らずのうちに、マインドコントロールされてる、というのにも同感です。
あれですね、自分が「正しい!」って強く思ってるときほど、その間違った一面に気づけなかったり、気づいていても見て見ぬ振りをしたりしちゃうんですよね。僕自身、そんな感じでした。

小島の理念そのものよりも、現実の行動の結果が重要だな、と今の僕は思っています。だって、理念に賛成する人はあれど、理念に賛成したから借金漬けになって風俗で働くわけじゃないですよね? 現実では、理念と相反するような「醜い」行いが、小島と組織を守るために行われていて、中にいる人は、反抗は許されず、進んでカッコ悪い行為、本当ならやりたくない行為をしなきゃならない。実に嘆かわしいですね。

理念は誰も苦しめない。みんな、現実に苦しむんです。そう僕は思っています。

軸線…あれは、「天の意志が体内に流入し、言うべきことを言い、やるべきことをやる」のではなくて「小島の意志に反抗せず、小島の言うままに言い、小島の指示するままにやる」の間違いです。軸線とやらが通っていなければいないほど、健康的なんじゃないかなー、なんて今の僕は思っています。

Posted by Riot@管理人 at 2011年02月26日 15:12
Riotさん、動画UPありがとうございます!

さすが、プロだけあって、今見ると、
とても簡潔にわかりやすくまとめられていますね。(笑)

今になると、なんでこんな変なオヤジに騙されたんだろう・・・
と思いますが。
(数か所で、大笑いしました。イタイ。。爆)
Posted by アクエリアス at 2011年02月26日 15:13
>アクエリアスさん

確かに、実にわかりやすくまとめられてますね。

この報道を逆手にとって、のし上がろうとした小島さん。
しかし、やはりと言うべきか、このイタさ加減が足枷となって、ほどなくして「取材には応じない」と態度を急変させ、有無を言わさない営業活動がますますひどくなったんですよね。

…ご笑納? くださいませ。
ちなみに僕はまだ、小島の一連の言動を笑えません。それだけ精神的にガキなのかもしれませんが。
Posted by Riot@管理人 at 2011年02月26日 15:25
あ、違いますよ、
イタイのは、自分です。
自分を笑ったの。^^
Posted by アクエリアス at 2011年02月26日 15:38
>アクエリアスさん

あっ、そうですか。それは失礼いたしました(汗)
それなら僕もそうですね。
(苦笑)←こんな感じです。
Posted by Riot@管理人 at 2011年02月26日 15:55
「ものすごくハマっている人は、それを本当にマンガチックだと思わないで
本当に心の底から(小島氏を)神様だって思っているんですよ」
という、元会員のインタビューに頷いてしまいました。

このビデオ観ていて、笑えてくると共に、胸が苦しくなりました。
辞めれば、「漫画チック」だと思えるのですが、会員はもちろん
まだ「神様」だと信じている元会員がいます。

当時小島氏は、「本気」でクーデターや、私的制裁(リンチ)の実施を宣言していました。現実可能性を考えれば限りなく0%でしょうが、彼は「本気」でした。そして、やっかいなことに、今も「本気」です。

そして、彼らはアクセサリーが売れないことや、小島氏の主張が広まらないことを、世の中の責任にしたり会員の責任したりして、怨念の火を弱めていません。彼らの政治的な野望は潰えていますが、報道特集で言われている「危険」性はまだまだあります。人民寺院事件のような、結末にならないように願うばかりです。

変にザインを怯える必要はないと考えますが、彼らの持つ危険性は減免したわけではありません。代表であり、教祖である小島氏は、マスコミには都合良く答えますが、内部では危険なリーダーであることに今も変わりがありません。

ちなみに、テキスト版もありました。
TBS報道特集「謎の集団『ザイン』とは?」平成17年7月3日放送 <http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/941.html> 
Posted by news at 2011年02月26日 19:25
うわーん、携帯から見られない°・(ノД`)・°・

マインドコントロールを彼らは否定するのでしょうが、マインドコントロールでしょう。
犯罪や犯罪まがいの事を犯しても世界帝国に貢献していると思っているのですから。

典型的なカルト教団です。
私も気付きませんでした。

作文に真実は明らかにされるのを待っている的なのがありましたが、そんな彼らは真実をもみ消すのに躍起になってます(笑)

脱出できて本当に良かった!
Posted by ベイビーブレス at 2011年02月26日 19:36
Riotさん、動画upをありがとうございます。放送当時を思い出します。
改めて見て、突っ込みどころが満載だと思いました。中国は立ち直れない、には『全然違うじゃん』と思ってしまいましたw

そして、どれだけの方を苦しめて来たのかと思うと、自己責任発言には今でも怒りを感じます。

と、同時に洗脳の怖さを改めて感じました。朝士時代、心の隅では疑問を感じつつも、それでもどっぷり浸かっていたことは忘れてはいけないと思いました。

また、数万円でも高いのに、何十万・何百万もする商品を見て、憧れに近い気持ちを持っていたのを思い出します。お恥ずかしい限りです。
Posted by みひたん at 2011年02月28日 22:47
全て、ひととうり拝見しました。6年前、この報道を見た時に発作が起きましたが、今改めて見てよくぞ、やってくれました!!と声をあげました。奴等を見て、莫迦共が寝言言っていてやがると、言ってしまいました。こじつけだらけの商品を、買わされた私も今にして思えば、騙まし討ちした奴も考えれば、つくずく私も愚かだなと、我が身を振り返っています。
Posted by レギオン at 2011年03月01日 14:17
動画見てきました!
当時のことを思い出しました。
隊長?班長?や社員から電話があり色々言われましたね。他の方にもフォロー的なものをたくさん入れていたのでしょう。
報告書に感想を入れた記憶もあります。

小島の購入は当人の意志でしょう!って当時かなり傷ついた記憶があります…でも自社の債務を隠させて債務整理させるのも当人の意志で片づける気でしょうか?
違います。これは組織的に行われている犯罪行為です。
ま、これだけではなく全体的に犯罪組織なのですがね。
Posted by ベイビーブレス at 2011年03月01日 20:21
レスが遅くなってごめんなさい。

只今、先日のアンケートを分析&まとめ中。
今週中には、アンケート結果を公開できるかと存じます。


>newsさん

全く以て、newsさんの仰る通りです。
そうなんですよね、小島は「本気」なんですよね…

「古代帝國軍」時代にしても、部下の覚悟を試すだけのために、あれだけ街宣をぶつなんてことはしないはずです。
小島も、東大出だけあってバカではない。TVカメラの前で「本気でクーデターを起こそうとした」なんて言ったら、警察が本気で動くことを分かっていたから、ああやって誤魔化したんですね。

たちの悪いことに、小島露観は常に「本気」です。そして、その本気は常に、右に左にブレる。

人民寺院事件のジム・ジョーンズも、小島と相通ずる「危うい本気」のメンタリティーの持ち主だったようですね。追い詰められたジム・ジョーンズが、あのような凄惨な結末をもたらしたことを考えると、小島も追い詰められれば何をしでかすか分からないです。

過度に現在のザイクスを恐れる必要はないのですが、小島が追い詰められたときに、どんな言動をとるかは未知数でして、今もって「危険な存在」であるといえます。


>ベイビーブレスさん

その真実を明らかにするのが、弊サイトでございますw なんつって。
僕一人だけじゃなくて、これまでにも色んな人が、陰にひなたに怒りの暴露や告発をしてきて、その声は今後も増えることでしょう。

真実が明らかになる毎に、一生懸命もみ消しを図る時点で、連中の言う「真実」がいかにご都合主義的なものかが知れるというものです。

報道当時のザイクスは、なかなか興味深い動きをしていたようですね。
報道を利用して知名度を高め、世間に打って出ようと思いきや、動揺したり目を覚ましたりする会員が続出、フォローに追われる中、世間からもフルボッコにされて、一転して小島はマスコミ取材を断るようになったんですよね。

債務整理のススメ、拒否不能な押し売り、商品の契約や受け取りに関するトラブル、風俗のススメ、掲示板における批判コメントのもみ消し…と、現在のザイクスの悪質さ加減は、2005年当時をはるかに凌ぎます。実に嘆かわしい。


>みひたんさん

中国は立ち直れない…内部向けならともかく、公共の電波を通して発言しちゃったら「なかったこと」にはできないですよね。
組織の中では威張れても、一般世間から突っ込まれれば何も答えられない体たらく。こんな男がよく「権力を握る」なんて言ったもんです。

昔も誰かにレスした記憶がありますが、そんなに世界統一がやりたければ、KOEIのシミュレーションゲームでもやってればいいんですよ(苦笑)

ホント、洗脳って怖いですよね…
何かを信じるなら、同時にそれを常に疑っていないとダメだよな、って最近思います。疑い抜きに信じるのは「盲信」でしかありません。

高額商品に憧れてたのは、僕も同じですよ。
連中の懐の都合で、高額商品がバンバンリリースされて、当然の如く押し売りされる日が来るとは、現役時代の僕は、夢想だにしませんでしたw

憧れていた「高額商品」の実態を暴露しまくるKANBANはさんには、本当に頭が下がります。
改めて、敬意を表し、感謝の言葉を述べさせていただきます。ありがとうございます。


>レギオンさん

僕も含めて、人間には、どうしようもなく愚かな側面があります。
それを知り、受け入れることで、少しは騙されにくくなるのかな…なんて考える昨今です。


Posted by Riot@管理人 at 2011年03月01日 21:02
映像のアップ、有難うございます。
この時期、私は丁度、ザイン脱会後のトラウマによる情緒不安定でカウンセリングを受けていた最中でした。
世間にこのどうしようもない団体が認知されたのはいいのですが、今、改めて観ると、なんて怖い団体なんだと思わされる反面、これからの私自身の立つべき位置をまた確かにしよう、という思いが強まりました。
傷ついてばかりもいられない、悲しんでばかりも憎んでばかりもいられない。
勿論、そんな思いが出てきたらその時はその時で、対処するだけの事。
多くの人たちは単に、一生懸命生きようとしているだけだと思います。ただ、一瞬の隙に付けこまれた、その代償は大きい。私も含めてですけど。
Posted by ひまわり at 2011年03月01日 22:23
>ひまわりさん

>傷ついてばかりもいられない、悲しんでばかりも憎んでばかりもいられない。

>多くの人たちは単に、一生懸命生きようとしているだけだと思います。ただ、一瞬の隙に付けこまれた、その代償は大きい。私も含めてですけど。

仰ることに同感です。

人間ってホント悲しい生き物で、苦しいときに一生懸命になればなるほど、間違った方向に行ってしまうことがあるんですよね。
他人からみれば愚かなことこの上ない、でも、だからこそ理解されずに孤立し、反社会的な団体への帰依をますます深めることになってしまう…という悲しいジレンマがあります。

生きていれば、どうしようもないことも、辛いことも悲しいこともあるし、傷つくこともある。それを受け入れて、時には惨めでみっともないまま、進んでいかなきゃならないんだな…と今になって思います。
そうすれば、「弱かろうが惨めだろうが、歩み続けることこそが強さなんだ」って、気づけるはずだから。

ザインで頑張れば、惨めで弱い自分を変えられるかと僕は思っていましたが、それは大間違いでした。人間の弱さ惨めさを否定するような連中には、強い人間というものがどういうものなのか、サッパリ理解できていないのですよ。
Posted by Riot@管理人 at 2011年03月01日 23:29
動画のアップ、ありがとうございます。
出先から夜遅くに家に戻ってきて(実は書き始めの頃に“ダリルホール&ジョンオーツのコンサートに行く!”みたいなことを書きましたが念願叶って日本武道館まで行ってまいりました!)やることほったらかしにして食いついて見てしまいました(苦笑)

当時の「報道特集」「真相報道バンキシャ!」などの一連の報道、当時は見る勇気がなく、というより周囲(特に家族)に放送を見せないように変な気をつかっていました。情けないですが(苦笑)だからちゃんと放送を見たのは今回が初めてです。ちなみに「バンキシャ!」も偶然検索してヒットしたニコ動で最近見ました。

自分がこう家族に見せないようにしたりするのってやはり会社自体がやましいことであるのはわかっていたのだろうけどマインドコントロール真っ只中にいた自分にとってザイクスから離れたらどうなるかという「恐怖」にさいなまれてただ流されていた、というしかないです。もちろん辞めさせないように社員(私の場合は当時伊集院と名乗っていた方の奥さんとか)が頻繁に連絡してきたのは言うまでもないですが。

ザイクスを辞めてから当時の担当軍士の方が風俗嬢をしているというのを2chの書き込みで知ってビックリしました。当時彼女は「ホロスコープを変えたら彼との結婚が決まった!」と喜んでいたのを聞いていたのでそれで風俗嬢って・・・本当に幸せなのだろうか?と思ってしまいました。

小島はよく「自我をなくせ」とか「脳心をなくせばハートが浄化されて人生が思い通りになる」と謳っていましたがそれは単に小島の下で忠誠を尽くし奴隷のように反抗することなく働けということでしかないのに、それがやがて小島に尽くすことが幸せかのように刷り込まれていく・・・そのためであれば何をやっても(悪徳なこと、人を脅してまでも)「帝國発展のため」「軍帥・女帥の“功績”をムダにしてはならない」と吹きこまれて「いづれ帝國が現れる」と信じている。
小島のやっていることは小島自身の自己満足を満たすだけでしかないのに・・・今思ってもやはり恐ろしい団体でしかないですね。

追記:アンケートに参加しようと思っていたのですが気持ちの整理がつかずそうこうしているうちにアンケートが終わってたのですね。参加できなくてすみません。
Posted by カツミン at 2011年03月02日 00:06
動画見ました。
当時、リアルタイムでこの放送を見た時はもうすぐ私たちの時代が来る‥、なんてばかなこと思ってましたっけ(苦笑)。
そこに以前の記事、『人民寺院』と通じるものを感じてしまいました。
まぁ、時代背景も違うし教祖の性格も違うので、すべてがそうだとは言えないけど、洗脳の恐ろしさだけは改めて身にしみました。
シリウスを辞めた後、私自身も色々破壊的カルトや事件を調べていたので『人民寺院』以外にも海外のカルトがかかわる事件を読み、知識程度に知っていましたが、映像が加わるとリアルさは増します。
それにしても一歩間違えれば『S●X教団』だけでは済まされない事態を招いていたであろう組織に新しい未来や希望を抱いていたのですから、自分の未熟さにも呆れます。

小島さん、『国会襲撃』について、かなりの年数がたちゃなんとでも言い訳できますね。
要するに飽きっぽいんですよねこの教祖、軸線が聞いて呆れます。
Posted by ミネラル☆ at 2011年03月03日 01:45
>カツミンさん

報道当時は「我々が世に打って出るチャンス!」と会員を煽ったかと思えば、次には動揺する会員が辞めないよう押しとどめようと動いていたみたいですね。
辞める人がどれだけ出たとしても、それは連中の自業自得というやつでして、そこですんなり辞めさせないというのは、自由意思の否定じゃないかと僕は思うわけです。

本当、洗脳ってコワイですよね…
「自我を失くす」という概念を、小島は自分の都合のいいように捻じ曲げています。一時的、かつ自己中心的な感情に、意志や判断を惑わされないようにしよう、というのが本来の意図であるにもかかわらず、実際は小島のエゴに付き合わされるんですから、たまったもんではありません。


>ミネラルさん

やっぱり内部ではそう思うんでしょうね…それがある意味健全な会員の姿でございますので、どうかお気になさらぬよう(笑)
今、目が覚めているのなら、それでいいのです。

教祖やれちゃう人って、人に新しい未来や希望を抱かせるのが上手いんですよ。小島のやってることは色々とどうしようもないクズですが、それでもかつては、人に新しい未来や希望を見せるのが上手かった。
そして、恐怖と絶望を頻繁に織り交ぜ、マインドコントロールをかけていくわけです。実に嘆かわしい。

軸線って、剣とかエネルギーパイプではなく、電波を受信するアンテナだと思います(笑)
Posted by Riot@管理人 at 2011年03月05日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。