[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2011年07月12日

「信じることについて」@twitter

twitterをやってたら、こんなつぶやきを発見。

 宗教や信仰心って大切なものだと思う。
 しかし、それを他人にも押し付けようとする行為は好きではない。
 自分の考えについて語った時に
 その話しに見合うような人間であれば
 相手は自然と納得してくれるものですよ。

↑このつぶやきを受けて…
------------------------------------------------
↓僕はこうつぶやいた。

信じる何かを持つことは、世間で思われてるほど悪いことじゃない。
信じることは心に強い力をもたらすから。
でも、何かを盲目的なまでに信じてしまってるときって、
心の奥にある傷がうずいてるときが多い。

色んなものを色んな角度から見て、知って、触れて、
その上で何を信じるか決めればいいと思う。


------------------------------------------------

信じることで、
ますます自分自身を信じられるなら、それは良いことだ。

逆に、信じなければ、自分自身が保てないように感じられるなら、
きっと信じるものが間違っている。
そういう場合、往々にして、心にどこか傷を抱えていたりするものなんだよね。

何を信じようと、まずは自分自身に愛を!


------------------------------------------------

この場所で、折々語ってることかもしれないけれど、
改めて、言葉を残しておくことにします。
posted by Riot at 20:52| Comment(6) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
信じる事ですか。天にまで見放されて、ズダボロになった時に「俺は、天から見放されたのか」と嘆き悲しんだ経験は、多数ありました。とりわけ、毒婦によって第二次女嫌い・女恐怖症になり10年、二度と恋愛が出来ません。今、恋愛している方は、恋愛がしたい方に私は言いたい。これぞ恋愛だ・これぞ恋だと呼べる恋愛をしてください。私の分、いっぱい恋愛をして下さい。
Posted by レギオン at 2011年07月15日 14:44
>レギオンさん

天は、誰も見放したりしませんよ。
お天道様は、ただそこにあるだけです。

ただお天道様は、時々、運命の悪戯をなさるようですが、それが我々人間には、めちゃめちゃ応えてしまうんですよね…

「天に見放された」って思うときって、「天に見放された…と思うほど、辛いことがあって、すごく悲しい気持ちになってる」からだと思うんですね。

悲しいときに、悲しい気持ちになるのは良いのです。
でも、天に見放された! って思いが先に立つと、ヤケを起こしてご自身を見失ってしまいます。ご用心、ご用心。
Posted by Riot@管理人 at 2011年07月15日 19:58
どんなに裏切り、理不尽なことをされていっそのこと世の中がそんな世界になってしまえ!と思ってもきっと「そうじゃない」って思う何かがあるのだと。そうでなければ前へ進めないのではないのかと。
「信じること」は生きていくための原動力・エネルギーなのかもしれません。

自分はマイノリティ(少数派)なので勘違いな言い方をしますがこんな人間もいるということで・・・。
レギオンさんにあえて「レギオンさんも恋愛してください」とは言いません。自分も小学校高学年〜中学校とクラス中(特に男子)から「生きる価値なし」と言われいじめられ続けました。
その上私を「中傷のはけ口」としていなかった友人が結婚を機に「結婚万能論者」になった途端に周囲は彼女の味方になってしまい「お前が結婚出来ないのは恥」とまで言われました。そんな経験から自分は未だ男性に攻撃する癖があり結婚願望・恋愛願望はとうの昔に崩壊してしまいました。
恋愛に期待はありませんが人生の中でほかのもの(仕事なり趣味なり)に「信じること」があるはずです。そこに見いだしていればいいと思います。
Posted by カツミン at 2011年07月16日 18:58
>カツミンさん

「信じられない」って言葉の裏には、大抵の場合、そういう気持ちになった理由があるんですよね… 他人から酷く傷つけられたり、とか。

「生きる価値がない」ってのは、ひどい言葉ですよね。人間はそれぞれに出来不出来があったり、人生には悲しいことも、うまくいかないことも多かったりするけど、イコール「生きる価値のない人生」ということにはならないと思うんですよ。

「生きる価値がない」…僕も自分自身に対し、この言葉を使っていた時期がありましたが、そのときは、ただただ辛いだけでした。この言葉は、人を落ち込ませることはあっても、心強さを与えることは決してないですね。

誰かの心無い言葉とか評価とかとはまた別に、毎日の生活とか趣味とか、何でもいいから「嬉しい」気持ちが持てれば、それが「信じること」に繋がるんじゃないかな、と僕も思うのです。
Posted by Riot@管理人 at 2011年07月16日 22:24
私の女嫌い・女恐怖症は、今に始まった訳ではありません。母親と姉による虐待が、酷過ぎる事により第一次女嫌い・女恐怖症になり恋愛ができませんでした。今でもそうですが、10年前の悪夢が今になって更に酷く、震え・
動悸・過呼吸・発作がここんとこ起こり、「ぐあ、震えが止まらん・・・」とまるで、ガンダムXの登場人物の如く苦しんでいるのが現在の有様です。
Posted by レギオン at 2011年07月22日 15:15
>レギオンさん

直接ご連絡させていただきましたが、改めて…

どうしようもなく、お辛いのが伝わってきます。
逃れられない心身の苦しみに、本当に参っているのかと思います。

どうか、ご自身を大切になさってくださいね。
人間って、苦しいときに何故か自分を責めてしまったりするものですが、本当は苦しい時こそ、自分を大切にしたほうがいいんです。

はやる気持ちは、ご自身への怒りに繋がります。
(いや、ご自身への怒りがあるから、焦るのかもしれません)

うまくいってた過去ではなく、現在の先に存在する未来のために、今はどうかご自身を大切にして日々をすごして欲しいと願います。
Posted by Riot@管理人 at 2011年07月29日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。