[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2012年07月16日

大津のいじめ自殺事件を観察して…怒りについて考える

大津のいじめ自殺事件が、大々的に報じられておりますね。ネットでも祭りになってますし。
家まで入り込んで荒らす、死んだ蜂を食べさせる…といった、いじめという言葉では済まされない内容、学校や教育委員会の対処のまずさ、加害者側の言動…民衆を怒りに駆り立てる要素だらけの事件で、ネットで祭りになるのは必然かと思います。

悪質かつ不当な犯罪行為の末、前途ある一人の少年の命が失われ、加害者は反省を見せずに逃げおおせ、学校や教育委員会には、当事者能力が大いに欠けている。それらへの怒りゆえに、ネット上で怒りを表明し、鬼女の人のような各種活動をするのは、Riotとしてザインに対し怒りの声を上げてきた僕としては、大いに理解・共感できるところです。

しかし。
怒りだけじゃ、何かを変えることは難しいことも、また確かです。
僕はRiotとしての活動を通して、このことを強く実感し、思い知らされました。

怒りは往々にして、人から冷静さを失わせます。視野が狭くなり、事実の裏を取ろうとせず、継続的に観察して判断しようとせず、感情的な決めつけのもとに性急な行動に出てしまいます。その怒りが、関係ない人を不当に傷つけたりすることもあります。

怒りという感情は「相手を痛めつけ、罰し、屈服させる」という破壊的な方向に強く向いていて、その先にある「今後、何をどうすればより良くなるか? どうしていけばいいか?」という建設的な思考をできなくさせます。また「自分達の行動が、第三者にはどういう風に見られているか?」という客観的な視点が、ごっそり抜け落ちてしまうものです。

強い怒りって、他人からはなかなか理解してもらえないものです。怒りを露わにされると、腰が引けてしまう人は大勢います。怒ってる人とは、積極的に関わりたくないな…と、人は反射的に思うものです。

そして、法律などの世の中のルールやシステムは、怒りで動いてるわけではありません。「おかしい、非道だ、許せない!」という気持ちだけでは、公的機関・民間問わず、様々な人々の理解と協力を取り付けることは不可能です。人は、ひどい事件が起こると「明らかにおかしいから、法的に罰せられるべきだ」って条件反射的に思うものですが、現実はそんな簡単にはいかないんですね。

怒る気持ちは否定しないし、それはそれで良い。怒りは人を突き動かす強いエネルギーとして、活かしていけばいいんです。
しかし、怒りがもたらすマイナス面を自覚した上で、「今後、どうなっていくのが望ましいか?」という展望がないと、それはゲリラ的な活動、一過性の暴動、思想的に偏った活動にとどまってしまうんですね。

本当に怒っているなら、そして何かを変えたいと願うなら、できるだけ多くの人を味方につける必要があります。そして、それが可能になるだけの説得力を持つ必要があります。
そのためには、怒りばかりが先走ることなく、事実を記録し公開し続ける、色んな立場・視点から事実を観察する、論理的にも感情的にもわかりやすく伝える…といったことが、大切になってくるんじゃないかなーと、僕は考えます。

怒りで何かが変えられる…ってのは、所詮は幻想です。
怒りにプラスして、冷静さ、視野の広さ、未来への道標が相まってこそ、そこに大きな説得力が生まれ、何かを変えられるんじゃないでしょうか。



posted by Riot at 14:19| Comment(4) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 失礼します。このテーマに直接関係ない事で申し訳ありません。また、勝手な憶測で失礼なことを申し上げる事を最初にお詫びいたします。
 前々回の内容のある方のコメントに対するレスの中に、
「世のいろんな問題・・・一人ひとりのいろんな問題を通して・・・警告を発し、啓蒙したいと思っている。」
を読んで、思ったのですが、
 世の中の問題をより広く取り扱い、人々の抱える心の問題もより広く取り扱い、間口を広げより多くの人に問いかけるにはどうするか模索して居られるのではないでしょうか。
 コメントの相手に対する一部批判も交えた返事ではあるが、それと同時に、ご自身の同じ位置にとどまらず次に進むのだという決意ではないかと思ったのです。(相手に放った言葉は自分に対しても跳ね返り突き刺さってくる。もしかしてご自身に対しても言い聞かせていたのではと、思ったのです。)
 何故そう思ったかと言うと、「結局、小島がザイクスでやりたかったことって、」を中心として前後する記事の内容の中で、今までのザイクス関連に対する一通りのまとめが一応は出来たとお考えではないかと思ったからです。
 もちろんこれで終わりではなく、油断せずに(場合によっては今まで以上に注意して)監視していかなければならないでしょうが、其の為にもより多くの人に読んで頂くのが望ましいと思います。
 今回の内容は、ザイクスの事とはあまり関係ないように見えるかもしれませんが、カルトを考えるにも社会の事を考察することが不可欠です。人の心理や社会の持つ傾向、心の持ち方、物事の考え方の方向について考え実行していくきっかけを読んだ方に与える事が出来るのではと思います。
Posted by 絵描き at 2012年07月17日 22:48
>絵描きさん

ザイクスを含めたカルト被害を本当に減らしたいのなら、カルトを糾弾するだけでは不足ですし、無理です。カルトに引っかかり、のめり込む原因から考えていく必要があるし、当事者以外の「興味のない人々」を巻き込んでいく必要もあるからです。

Riotとしての活動は、どうしても「対ザイン」に限定されてしまいがちです。そして、Riotとしての僕は、僕自身の思いや考えとは別に、アンチザインとしての役割を強く期待される。そのことが一時期は苦痛でたまりませんでした。Riotとしての活動には「広がりある未来」がない。

僕は、より広い視野に立ち、自分を大切にし、人を大切にできる人を育てたい、そして自身もよりそうなっていきたい…以前からそのようなことを考えてはいましたが、ここ1〜2年、ハッキリとそう考え、Riotというハンドルネームを脇に置いて、模索であったり表現であったり、活動をしております。(もう、単なる「決意」という段階ではない)おかげで、Riotであることが重荷ではなくなりました(笑)

…適切なレスになっていないかもしれませんが、こんな風に考えています。

Posted by Riot@管理人 at 2012年07月18日 06:10
 ネット上で飛び交っている言説を色々読んでみました。テレビでの報道も、、、。
 そんな中、テレビで、其の盛り上がり方に対し、いき過ぎ(ネット上での公開私刑〈リンチ〉的情報や言説)をたしなめ、最早、直接の被害者(の遺族の心境)そっちのけで、或はないがしろにして居るかの如き様を呈しているのは善い筈もなく、節度を保つ事を説くようにという人が居られました。もっともだと思う。私は性格的に本来なら狂信的な熱狂は苦手なのです。
 然し一方、ネット上での言説も、感情的にふきあがっているが、人情としては無理なからぬ事とも思うのです。
『関係ない第三者が正義感を振りかざし、自分の正義感を自己満足させるため煽るつもりでやっているのか、だとしたら無責任だな、』
『いや、そうではなくもしかしたら背負うものがあって(その人自身の体験による痛烈な心の傷が疼いている)の事かも知れない。』
 など、色々考えてみたのですが、多くの人が冷静になるにはしばらく時間がかかると思います。 熱狂から覚めたときに、何もなかったように忘れ去られれば、恐らくまた同じことの繰り返しになるから、問題意識だけは忘れづに持続させればいい。
 相手への懲罰を求めるのも、社会の理不尽を訴えるのもいづれにせよ理論武装は必要だし、
 単なる個人的な復讐だけでは根本的解決には成らないと思うなら、いじめの構造自体を研究する必要も有ると思います。(その過程でいじめる側の事情や心理も研究する必要が出ます。)
 かりたてる動機自体は非合理的な噴き上がる感情でも、其れをきっかけとして理論武装して相手を説得できる合理的なものに至れば良いのかなと。そういう解釈で良いでしょうか。
Posted by 絵描き at 2012年08月23日 01:14
>絵描きさん

僕も、大体同じ認識です。

しかしですね、不必要に人を傷つけたり困らせたりしてしまうほどの大衆の感情の暴走を「人情としては無理からぬ」で片づけてしまうわけにはいきません。

いじめ問題への対処(事例を集めて、有効な施策を打ち出すなど)はもちろんですが、本当に一番やらなきゃいけないのは「大衆そのものの(言い換えれば、僕ら自身の)質を高める」ことだと思います。

感情を暴走させて、色んなものを見落とさないように。
無責任な糾弾とか、その場しのぎの措置ではなく、責任を持って人を見守れるように。(これは、心理研究よりも優先順位ははるかに高いです)

「大衆とはそのようなものである」という視点はすっごく大切ですが、それを認めた上で、一歩進むためには、それぞれが、何を気を付けて、どのようなことをしていけばいいのか、考えることが必要なんじゃないかな…と思うのです。
Posted by Riot@管理人 at 2012年09月21日 05:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。