[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2006年02月05日

今回の報道がザインに与えた影響について

 2005年5月下旬から、2ヶ月以上にわたり続いた今回のテレビ・週刊誌などによる報道は、確かにザイン側に大きな打撃を与えたのですが、いくつかの視点から報道のもたらした影響を考えると、単純にそのことを喜んで良いというものでもありません。
 そこで、今回の報道がもたらしたものについて、様々な立場の視点を踏まえて、私なりに考察していきたいと思います。

 まず、表題通り、今回の報道がザイン側にどのような影響を与えたのか考察します。
 
 多くの会員は、自分達の在籍している団体がマスコミにここまで取り上げられるとは思っていなかったようで、イリュミナートX・第二師団員を中心とする相当数の会員が衝撃を受け動揺し、脱会(退国)する運びとなりました。
 軍士(第一師団員)には、毎月「昇降格者の情報」が送られてくるのですが、その紙面から降格した(教団を辞めた)者の記載が消えていることから、結構な数の会員が辞めていったものと推測しております。
 勿論これには、マスコミに対する情報封鎖という狙いもあるのでしょうが、恐らくは教団に残っている会員の動揺を抑えることが第一の目的だったのではないでしょうか。

 女性に「性の解放」をけしかける教団の風潮に嫌気が差していた会員が、週刊誌に掲載された「アライド・アマゾネス」のヌードで更なる嫌悪感を抱いたり、あくまでネット上の噂と考えられていた「脱税」が事実であることを知らされショックを受けたり…など、様々なケースがあるようですが、報道により(自分達の知らなかったことも含めた)事実が満天下に知らされることは、会員にとってみれば相当の衝撃があったはずです。

 ザイン報道が始まった当初、小島露観氏は「マスコミの力を使い、『ザイン』の名を世に広めよう」と画策していたようで、ザイン側は小島氏を中心に、各マスコミの取材に積極的に応じ、アライド・アマゾネスのヌードまで披露することとなりました。
 それと同時に、内部に対し、動揺を防ぐための通達を出し、「これは軍帥の世界戦略である」と呼びかけたのです。
 そしてTBS「報道特集」が放映される前には、会員に「我々にとって厳しい内容となっているが、軍帥の思想が広がる契機となるものなので、観るように」と通達しました。
 報道によって知名度を高め、一方ではそれをもとに会員の結束を強める、それが小島氏の当初の狙いだったわけです。
 (この時期にわざわざ教団名を『帝國0』から『ザイン帝國』と改名するあたり、名前を売ろうとしているのは見え見えですね)

 しかし実際のところ、過熱する報道の内容は小島氏の思惑を超えたものとなってゆきました。
流出するとは思っていなかった教団の内部資料が次々と取り上げられたり、小島氏の同級生や現役会員の親御さんの談話が出たり…といった内容はザイン側には大変ショックであったでしょうし、これら報道を目にした会員が次々と辞めていったため、退き引きならない状況となったわけです。
 私の知る限り、報道の内容そのものが大きく変わったわけではないのですが、ザイン側はマスコミに「報道の内容が偏向しているため、今後は一切の取材を受け付けない」とアナウンスし、一旦、ほとんどの取材をシャットアウトすることにしたのです。

 それと同時に、内部情報が漏れないように今まで以上の(私に言わせれば、今までがあまりにも杜撰なだけだったのですが)厳戒態勢を敷き、さらには新しく作ったwebサイトやDM、急遽開催の運びとなった「Z軍國祭典」において自らの正当性を内外に訴えるという動きを取り始めました。
 そこには、もはや「我々は悪である」という開き直りのメッセージさえ見ることができます。

 さらにザイン側は、自分達を面白おかしく取り上げてくれる(=自分達にとって都合の悪いことは訊いてこない)媒体に絞って、再びマスコミに取材を許可し始めております。
 これは、外部に対するものというよりも、むしろ教団内部に対して「教団の存在が世間に浸透している」ことをアピールし、会員の士気を高めることが目的ではないか、と私は見ております。

 一方、会員が相当に減少したザインは、残った会員(ザイン社員を除く)に対しなりふり構わぬ営業をかけていることが判明しております。
 ザイン側が相当苦しいことの表れなのでしょうが、これにより相当数の会員が困窮に喘ぐことになることは間違いなく、潜在的な不満を抱えている者も少なくないはずです。

 それでもなお、現会員はザインから離れる様子を見せません。何故でしょうか。
 マインドコントロールが簡単に解けない、いわゆる「霊斬」が恐ろしい…といったことも理由として挙げられますが、それだけでなく
「今教団を辞めたら、ザインが政権を握ったとき、私はただの貧乏人になる。
ここまでお金を注ぎこんだのだから、辞めるのは勿体無い」
という気持ちが働いているのだと思うのです。
 いわゆる「損切り」のできない状態ですね。

 今後、教団がどういう動きを見せるかは明確に予測できませんが、小島氏や(株)ザイン社員は、これからも会員をコントロールしようとするでしょう。
 それに対し会員は、なおのこと必死になって教団についていこうとする者、不満を抱えつつも、いつか政権を取ることを期待してついてゆく者が多いのではないか、と私は見ています。

 まとめると…

●報道で、確かにザイン側には多大なダメージがあったでしょうが、
  (株)ザインの社員を中心とするマインドコントロールされた
  会員を中心に、教団は弱体化しながらも、
  今しばらくの間はしぶとく存続していくと考えられます。
●小島露観氏がマスコミを「利用」しようとしている点は、
  それが上手くいくかはともかくとして、
  見逃してはならないポイントだと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。