[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2012年09月20日

瞑想するようになって、思ったこと

最近、瞑想をするようになった。

しばらく前に瞑想を勧められたときは、
「めんどくせーな、時間がかかるし」と思って、やる気が起きなかったのだが、

どんなにやさしく認めて受け止めようとしても受け止めきれない、
些細な出来事や、大きな悩みや苦しみを手放して、
自分の中の「いちばん深い部分」を大切にしよう、
もっとラクに、自由に、日々を生きよう! と思うようになって、

「魂の瞑想」なるものを考え付いて、
時間のあるとき、精神的にモヤモヤしてるときに実践している。

そんなに長時間でもない(10分くらいかな)し、
自分の心が整っていくことが楽しいので、
今のところ、飽きずに続けている。


これは人によるのかもしれないけれど…
瞑想って、些細な出来事に囚われないようにするために、
深いところから発する、自分の心の声を感じるために、やるものだと思う。

日々を普通に生きていても、瞑想に取り掛かっても、
頭には、心には、様々な思念が浮かぶ。

何の脈絡もなく、お気に入りの音楽が浮かんだり、
気になることを、グルグル考え出したり、まあ色々だ。

自分の中から浮かんでくる、そういったものに振り回されてしまうと、
「本当は、自分は何を求めているのか?」ということが、
見事に置き去りになってしまうわけだ。


そして…瞑想って、
「インスピレーション」と思しき何かを、思い浮かべるためにするわけじゃない。
そんなことに気付いた。


で、ザイクスの話である。
小島露観は、しばしば瞑想しているが、
それは「時間の神の権化身が、天啓を得る」ためにやっているのだと思われる。

しかし、小島のやっていることは、
頭や心から生み出される、雑然とした思念を
一生懸命掴もうとしてるだけだ。

そうやって掴んだ、雑然とした思考や感情が、
そのまま「神文学」とか「ザイクスのルール」になってしまう。

うーん、トホホな話だ。
そして、ちょっとアブナくて、怖い話だ。


例えるならば、僕の普段の生活の中で、

「仕事してたら、頭の中に、お気に入りのハードロックの曲が流れてきた」

とかいうレベルの話を、

「智慧者の天啓」

として広めるわけだから。


思いつきにハクをつけるための瞑想、
思いつきに意識を向けるための瞑想なんて、
さらに自分を迷わせるだけだから、
やらないほうがいいんじゃないか…と思うんですよね、小島さん。

ましてや、あなたの瞑想から出たビジョンは、
他人を無責任に巻き込むから、始末に負えないのですよ(苦笑)



posted by Riot at 05:46| Comment(4) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三度目の正直として、危険物試験を合格出来ました。しかしながら、あくまでも通過点に過ぎません。現状に満足せず、更なる上を目指します。人間、しようとすれば何でも出来る!資格取得を目指している方々、是非とも現状に満足せず上を目指してがんばって下さい。
Posted by レギオン at 2012年10月03日 16:13
>レギオンさん

おおっ、おめでとうございます!!
頑張った甲斐がありましたね♪

「人間、やろうと思えば何でもできる」って言葉に勇気づけられる人、このブログをご覧の方に、たくさんいると思います。

ただ…こうやって、記事に全く関係ないコメントを入れるときは、「私事ですが…」などと一言断って頂けると良いかと。
コメント欄は、基本的には、あくまでも記事に対するコメント欄です。そういう配慮がないと、「せっかく書いた記事を無視するのか?」と、少し嫌な気持ちにさせてしまう可能性があります。
今後はお気を付けください。
Posted by Riot@管理人 at 2012年10月06日 21:17
 不老不死だと言っているこの教祖は、自分が年老いていく事に附いてはどの様な「智慧者の天啓を得」ているのでしょうかね。
例えば、
「邪魔する勢力や、教団内部の反乱分子の事を危惧して、実は今までは本当の事は明かさなかったが、今ここに真実のほんの一端を開示する事とする。心して聞くように。実にこの壮大なる計画は、我ひとりの代では到底達成しえない事となっており、だからこそ妻を得、子息を得る事となったのだが、条件が整ったので計画は長男の代で達成される。これを理解できるかどうかが分かれ道であり、試されていると思え。
 一見我が年老いていくよう、表面上見える事があっても、あるいは、肉体における死が訪れても、我はそれらの事をすべてクリアし、そのような如き事は超越した存在である事をゆめゆめ疑うこと勿れ。我は本当の意味で、久遠に老いることは無い。死ぬ事などありはしない。諸君の前から姿が雲隠れする事があっても其れは死んだのではなくより高次元の場に活動の拠点を移し世界に働きかけているのだと理解せよ。」
といった「弁解めいた」ことを本人自身は「本気で思いこんで」信者には強要しそうな気がします。
Posted by 絵描き at 2012年10月12日 21:01
>絵描きさん

ここ数年の作文(ご論文)をザックリと見る限り、全くのノータッチですね。
もはや、弁解することすらせず、黙して別の話題を繰り広げ、完全に「なかったこと」にしたいようです。

当人の実感をも伴う、明らかな事実に対しては、「智慧者の天啓」とやらも無力なのでしょうね。


Posted by Riot@管理人 at 2012年10月12日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。