[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2013年09月28日

会社概要を訂正(という名の改変コピペ)

シリウスのサイトにある会社概要の文章ですが、あまりにも実態とかけ離れているので、ちょっと訂正してみました。

シリウスは希望ではありません。
シリウスに全く欠けているものは、あらゆるネガティブな感情の奥底にある希望です。
シリウスが求めてやまないものは希望です。

シリウスは魔術ではありません。
シリウスを信ずる人が求めて得られないものは、人智を超えるような非現実的なパワーです。
シリウスを信ずる人が求める灯明は魔術です。

シリウスは真理ではありません。
シリウスを求める人がついにたどり着けないものは、
世の道理も人の情愛も内包した、普遍的な真理です。
シリウスを求める人が目指すべき道標は真理です。

シリウスは故郷ではありません。
辛いシリウスの活動で自分を見失った人が帰るべきところは、
素の自分を、大切なものを思い出させてくれる故郷です。
自分を見失った人が心を休める場所は故郷です。

シリウスは天命ではありません。
シリウスの男性に一番足りないものは、楽しく力強く現実を生きるための目的と意志です。
シリウスを信ずる男性が取り戻すべきは、人生を生き抜き楽しむための、目的と意志です。

シリウスは愛情ではありません。
シリウスの女性が求めて得られないものは、全てを包み込んでくれる愛情です。
シリウスを信じる女性が身を委ねるべきは、
性の儀式も風俗業勤めも強要しない、まっとうで愛情深く頼れる人です。

シリウスは力ではありません。
シリウスの中で心を失いかけた人が得がたいものは、
世の出来事を事実として受け入れ、生き抜く力です。
元々は心優しきあなたが生きるべきは、今この瞬間、今のこの世の中です。

人はそれぞれ求めるものが違います。
あなたが何を求めるものであろうと、シリウスを望むべきではありません。
あなたが望むとおりの人生を生きなさい。
それはすなわちシリウスとは別の道を歩むことなのです。

シリウスは、20年以上の長きにわたり営業し、各種活動を行ってきましたが、
世界と世界の人々との救済につながる結果を残すことはできませんでした。
そして、シリウスを信ずる全ての人は己の求めるべきものを忘れ、
それによって様々な苦しみを蒙ってきました。
誠に遺憾ながら、それこそが結果であり厳然たる事実なのです。


本来は「ユーモア」「軽口」に属するノリなのかもしれませんが…
結構マジなので、「意見・提言」カテゴリにてアップしました。

posted by Riot at 23:44| Comment(11) | 意見・提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
希望はタヒである! となぜ書けぬ(^O^)
Posted by マシュマーセ口 at 2013年09月29日 02:25
>マシュマーセ口さん

希望は死である…かぁ。
現在、まさしくそういう方面に進んでますよね、シリウスは。

全ての実店舗を閉店・閉鎖して裾野の八雲殿に引っ込んだのも、団体名が今までにも増してコロコロ変わるのも、やってることが色々と支離滅裂なのも、全部彼らが「望んでいたこと」だと思えてしょうがないです(苦笑)
Posted by Riot@管理人 at 2013年09月29日 11:58
獅子身中の虫に、上手く乗せられて、結果規模縮小したんだね。
獅子身中の虫君達は、予定調和かもwww
Zは見抜けなかったのか?
Posted by マシュマーセ口 at 2013年09月29日 16:04
 失礼致します。
 私がコメントを書くと、我ながら、いつもながら、直接関係の無い違う事柄になりがちなんですけど、めげずに、懲りずに、書き込みさせて頂きます。
 27,8年前になるでしょうか、当時NHKの大河ドラマのセリフの中に「自灯明・法灯明」(自己をよりどころとし、法をよりどころとせよ。)なる言葉が出てきまして、
 当時、いや!今もか?!、自信が無く、自分とはちっぽけな存在で、とるに足りないという認識があり、神や仏や、或は「普遍的な真理」とは、其れを目指して「自分の外」に探求するべきもの、という思い込みがあった自分には、「自己の裡に神性が宿る」という事に気づくという認識が、想像を絶するものでした。
 ある種の真面目な人って、それを(例えば人生のガイドライン、生きる指針、正しい在り方。)自分の外に探求したあげく、目に見えない事を、其れなりの理屈や整合性を以て説明してくれるものに惹かれ、たとえばカルトに引っかかってしまうのではと思うのです。
 そこからまた話が変わりますが、
此の教団をスピリチュアリズムの観点で考えたらどう捉える事が出来るか考えましたが、
 其の為、つぎはぎの知識ですが、神秘学関係の本を本屋で少し立ち読みしたり、スピ系の本や、ネットでスピ系のブログをいくらか読んでみて思ったのですが、
 その中で、
ヒカリタマ・カイさんの言う事がわかりやすいと思いました。
 ブログの記事の中で、
オーディーンは鏡のような存在、、、心が荒れている人の前だと荒ぶる神として顕現し、穏やかな人だと穏やかに映る、、、。や、
マヤの考えには「インケラチ=あなたはもうひとりのわたし」という考え方がある、、、。
 これだと思いました。
若しそうなら究極的には、全知全能の絶対者を自分の外に求める事はないし、究極的には絶対的な他者、他人と言う認識は意味を持たなくなる。(あくまで究極的にはですよ。)
 ロカンさんが絶対者で宇宙皇帝なら、その他すべての人もそうである。「貴方は私」
ロカンさんは其れを認めない。
結果、其れは鏡のように彼に跳ね返る。
これではうまくいかなくて当たり前。
と、言うより彼が思った事が彼の思った通りに反映され(彼の宇宙に投げかけれ)た結果だと思うのです。その認識で出来た世界が、そっくりそのまま跳ね返ってきたのですから。その意味でうまくいったのです。相手を認めないから相手から認められないという世界ですね。
 逆にロカンさんが、他の人に神性を認め敬意を持つなら、もしかしたら、先に人の持つ神性に気付いた先達、その道のマスターと言う意味で、皇帝(ローマでは、主席市民と言う意味の地位でもあったそうですから)と認められたかもしれませんね。
あっ!そんな人、他にもたくさんいるそうだから其れは無いか。
 それは兎に角、
仰るようにひとはそれぞれ求めるものが違います。もしロカンさんが計画がうまくいっていないと思うなら、其れは、わざわざ、ワザとに自分で机の角に小指をぶつけて痛がっているのと同じで、(後ろ向きの意味で成功していると言えますね)
 少なくとも私は其れに付き合うつもりは有りません。それぞれの人の勝手ですが、彼に付き合うのはお勧めできません。
なんせ、仰るように20年以上やってこれですからね。
Posted by 絵描き at 2013年09月29日 23:50
>マシュマーセ口さん

宇宙最高神(!)は、獅子身中の虫を一切見抜けません。
様々な波動に邪魔されて、見抜くにも時間がかかったり、見込み違いをしたりするのです(苦笑)


>絵描きさん

毎度コメントありがとうございますm(_ _)m

人は鏡…ホント、その通りでございます。
スピリチュアル、心理学、成功法則、生きる知恵、様々なところで言われていることですね。

他人を認められなければ、他人からも認められない。ホント、そうなんです。
ザイン批判…というだけでなく、自分自身、そういうところがあるので、改めて肝に銘じたいと思います。

小島さんは、どんな結果が出ても「我々は完全に勝利した」で済ませるお人ですから(苦笑)
太平洋戦争時の大本営発表…みたいですが、ただ単に、そう言ってる自分に酔いしれているだけなのだと達観しました、僕は。
Posted by Riot@管理人 at 2013年09月30日 22:31
絵描きさんへ

横レス失礼します。ブログをご覧いただいて、どうもありがとうございます。
「自灯明・法灯明」ですが、釈迦の唱えた仏教の最終的な境地がこの「自灯明・法灯明」ではないかと思います。
人は皆、時間がかかっても仏になれるのですから。

本当にロカンさんが他人の神性を認め、敬意を持つことができたら・・・そもそも「誰かより優れた存在」という立場すら不要と思えることでしょうよ・・・。

それにしてもここで指してる「シリウス」から始まる言葉はエジプトの女神イシスが言った言葉の改変コピペのような気がしてなりませぬ。
希望・真理・魔術・愛・力・・・これは全てイシスが発揮したもの。
そしてイシスはあれだけ敵視した聖母マリアの原型のひとつでもあります。

敵の文言をパクるって・・・ザイクスにはプライドがないのか?
Posted by ヒカリタマ・カイ at 2013年10月01日 20:49
 ヒカリタマ・カイ様
 コメントをお読み頂き、有難うございます。
まさか私の様な者にお言葉を頂けるとは思ってもみませんでしたので、恐縮するしだいでございます。
 また、自分の言葉でうまく表現できなかった事もあり、許可を得ず勝手にこの場で記事の内容を引用させていただきました事につきましては、平にご容赦いただけますよう、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
 私は若い頃、そんな立派な人間ではありませんが、「正しい在り方」とは何なのか、それがあるとしてその「根拠」は、「何がお墨付きを与える」のか、生きる「指針」や、「基準」を何に求めればいいのかが、ずっと気になっていました。 結局自信が無く、依存心が強く、精神的な自立が出来ていなかったのですね。それは最終的には「自分が決め」、責任をとることなのですが、「覚悟」が足らなかったのですね。
そんな中学生の頃、
「自灯明・法灯明」という言葉を聞いても、
素直に聞き入れられない。
「それでは物事をどこまで慎重に判断しても自分の主観であることから逃れられず、客観的にどうなのか心もとないではないか」と思ったのです。
 そんなこんなでずっと、「不変にして普遍の真理」なるものが探せばあると思っていたのです。「自分の外」に追い求めていたのですね。
仏陀の弟子の気持ちも分ります。アーナンダ達にとってみればあまりに大きな存在でしょう。
ただ、仏陀その人の「存在」にとらわれてしまい仏陀が「指し示すもの」を観る事が出来なければ、結局自分の中では無く、外に探す事になってしまい何時まで経っても見つからない。
白隠禅師座禅和賛の一節の通り
「衆生近きを知らずして遠く求むる儚さよ、」となってしまう。
 カルト宗教が付け入る隙は、この様なところにもあると思うのです。
 もちろん「覚醒者」と言うのは、すべからく自称であり客観的に証明出来ません。
ただ、他のカルト宗教の教祖もそうですが、
ロカンさんの言動を聞くと、あまりに「いびつ」なのです。覚醒の仕方を大きく間違え勘違いしたと言ったところでしょうか。
 彼に恨みを持つ人等には受け入れがたいでしょうが、彼が何かに覚醒したかどうかに拘わらず
彼は、(彼も)ある意味、彼が自称する通り、「宇宙の主権者」です。宇宙の主権者の「権能を行使」して、
「人を受け入れないから結局自身も人から受け入れられない」、と言う「世界を創造」し、その中であーだこーだと言っている訳で、やってる本人が大真面目でも、はたから見ると茶番なんです。
やはりシリウスを求めるべきではありません。
それぞれ目的が違うのだから、シリウスの世界に付き合う必要はない。
(ところで敵の文章をパクってたんですね、成程。)
 Riot様
 自分自身そういうところがある、、、。
お気持ちは分かります。
 然しハマりそうな人に、ザイクスにつまずかないよう警告するのも大きな役割だと思うので。
あまり気になさらない方が良いと思います。
 自分のわだかまりを抑え込み、無理やりに、こだわりや含むところが無いと言っても不自然なので、
 この役割を続けていくうちにこだわりが無くなるならよし、無くならないでもまたよし、
こだわっているかいないかにこだわらない事がこだわらない事だと思います。
Posted by 絵描き at 2013年10月03日 12:00
失礼します。久しぶりに書き込みします。
Riotさん、本当に的を得てますね。
本当に、ザイクスでは何の解決にもならなかった。
でも、会員だったころの私は本当にすがる物を求めていたのは確かであって。
結局、反面教師にしかならなかった。

そんなことを、改めて再確認させていただきました。
Posted by ひまわり at 2013年10月04日 00:56
このコピペが真実なのはこの団体を出て世間の暖かさや自分の力で生きていくことに気づいた人には真理ですね。

ただ私はこの団体にこりて正直、パワーストーンやスピリチュアルは大嫌いになりました。

都市伝説は好きですが現実主義者になりたいですね。
Posted by 送風俳人 at 2013年10月04日 21:44
この団体を辞めて意外と世間様は優しいことやなんでもないようなことが楽しいことに気がついた人にはこのコビペは納得でしょう。

ただ私はこの団体のせいでスピリチュアルやパワーストーンが嫌いになりました。
Posted by 送風俳人 at 2013年10月04日 21:47
>ひまわりさん

お久しぶりのカキコ、どうもありがとうございます。
シリウス(ザイン)と関わっても、何の解決にもならない。ホント、そうですよね。

ただ…それはそれとして、じゃあ、ザインと関わってきた僕らは、

どんな風に、
自分の問題と向き合い乗り越えていくか、
それぞれが幸せになっていくか、

そこがすっごく大切なんじゃないかなと思うのです。

これまで、ザインの悪辣さを指摘することのほうに力点を置いてきました。それはそれで必要なことですが、悪を悪と指弾するだけでは、「警告」と「ガス抜き」にしかならないことに、ようやっと気付きました。

ザインと関わってきたみんなが、それぞれに幸せであってほしいと思いますし、色んな視点・角度から、そのための小さなお手伝いができたらな、と思う昨今です。


>送風俳人さん

あの頃の僕もそうでしたが…
「世間は敵だ」って思ってたのは、世間の冷徹で薄情な側面に心がグサッと来て、それが尾を引いていたから…だと思うんですね。

実際は、世間ってろくでもない面も多いけど、必ずしも全てがろくでもないモンじゃない。小島さんのように、躍起になって否定して滅ぼすほどの悪いモンじゃないです^^

>ただ私はこの団体にこりて正直、パワーストーンやスピリチュアルは大嫌いになりました。
>都市伝説は好きですが現実主義者になりたいですね。

そういう人、きっと多いと思います(苦笑)
僕も、辞めてから数年はそんな感じでした。

ただ…
実のところ、パワーストーンやスピリチュアルと上手に関わっている人、それらをテーマとしている人は、同時にものすごく現実主義だったりするもんです。

送風俳人さんが、今、元気で楽しくて幸せな日々を送っておられるなら、それはそれで全然OKですし、僕には誰かの意見や考えを変える力も権利もありません。

その一方で、自分が現実を生きる上で、実際に力になる(=人生上の色んなことが、実際に好転し、それらがちゃんと身になり継続していく)のであれば、スピリチュアルもアリなんじゃないかと思います。

ホントの意味で、楽しく幸せに生きていけりゃ、
(↑これが大前提)
何でもいいんです♪ ホント。

この現実と向き合い、生きていく上で、自分の力で生きていくことも大切ですが、時には、色んな人や物の力を上手に借りることも必要です。
うまくいかないときって、その辺が色々と食い違ってしまっているんですよね。ご用心、ご用心。
Posted by Riot@管理人 at 2013年10月05日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。