[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2007年01月01日

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い申し上げます。

 今年も、及ばずながら、ザイクスに苦しむ方の力になれたらいいな、と思っております。公私共に忙しく、更新は滞ると思いますが、できるだけのことはしたいと思います。

 このブログをお読みの皆様の心が、安らかでありますように。
 皆様に、良いことが雪崩のように起こりますように。
 もし悪いことがあったとしても、それをきっかけに大きく前進できますように。

   2007.1.1 Riot
posted by Riot at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

「竜神列島」とラムタラメディアワールド

 DVD「竜神列島」がこの度発売となりましたね。私も入手して、生暖かい目で…もとい、じっくりと鑑賞させていただこうと思います。

 このDVD発売イベントを、秋葉原の「ラムタラメディアワールド」で行うそうですが、はてさてどうなることやら。

ラムタラメディアワールド

 軍士blogでは盛んにイベントの告知を行っておりますが、果たして彼等はあそこがどんな店か知った上で、そんなことをしているのでしょうかねぇ?

 実は私、昨年の「Thunderbolt」発売の際、ラムタラメディアワールドに入荷する…という情報を入手したので、ちょっと入ってみたのですよ。
 結論から申しますと、エロビデオの城…と言っても差し支えないような、すごい場所でした。
 1Fはアニメビデオ、アイドルビデオ。
 2F以上はほとんど全てアダルトビデオ・DVDなのですが、フロアを上がるにしたがって品揃えがどんどんマニアックになってゆくのです。一般レンタル屋のアダルトコーナーとは比較にならないほどの密度の濃さです。現在流通しているエロビデオ・DVDに、ここで揃わないものはないのではないか、と思わせるほどです。
 加えて、広いとはいえない店内にぎっしりと商品が並んでおり、人がすれ違うのにも難儀するほどです。そこに、ムサい髪をして大きなリュックを背負ったアキバ系の兄ちゃんがウロウロしています。
 この超濃密エロエロゾーンの上のイベントスペースで、アライドのイベントが行われます。ザイクス会員はこんな店に平気で入れるのか? 自分達のやっていることに何の疑いも抱かないのか? 不思議です。
 正直申しまして、男の私も「入りたくない」と思える場所でした。

 まあ、どんなに張り切って広告出してイベントを売っても、内部の人間にしかウケない内容ゆえに売れないでしょうから、イベントは変わらず内輪だけ、売り上げもThunderboltと同じような結果に終わるのではないでしょうか。
posted by Riot at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

ガイアトロン・その後

 あれから毎日ガイアトロンカップを使って水を飲んでいる(1日に1.5ℓ以上の水を飲むのは、効果的な健康維持の方法のひとつです)のですが、少し風邪をひいたくらいで全く健康、快活そのものです。槍城氏の言うことは大嘘、ザインエネルギーが私を滅ぼすなんてあり得ません!!
 味が変化した…というのも最初の数回水を口にしたときにそう感じただけで、すぐに脳が慣れてしまったのでしょうか、あまり味が変わったとは思えなくなりました。
 その後、ガイアトロン(磁化杯)よりも水が美味しくなるポータブル浄水器を購入、今ではすっかりその味の虜となっております。

 これです→ 世界70ヶ国で愛用されているドイツ生まれの浄水器ブリタ

 これには驚きました。水がすごく甘くなっているのです。今住んでいる辺りは水道水のカルキ臭も少なく、それほど悪い水ではないのですが、そのカルキ臭が完全に取れ、味がハッキリ分かるくらいにまろやかになりました。
 人体の7割前後は水で出来ているといいます。美味しい水を摂ることは健康の第一歩ですので、皆様にもオススメします☆
 (都市部にお住まいの方は、蛇口に付ける浄水器と併用したほうが良いようです)
posted by Riot at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ガイアトロンカップの正体

 彼女が、ガイアトロンカップの「正体」を見つけてくれたので、皆さんにご紹介します。
 こちらをご覧あれ。

磁化杯ビューティーマグ(←リンク切れ)

 これと同じものを仕入れて、神紋をプリントして売っていたんですね。
 2980円で売られているものも、ザインの時間エネルギー(!)にかかれば3万、4万円になってしまいます…
 ちなみにこのカップ、中国製だそう。小島の大嫌いな中国ですが、儲けるためなら四の五の言ってられないということでしょうw
posted by Riot at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ガイアトロンをgetしましたw

gaiatron.jpg先日、彼女がこちらに来て、念願のふたり暮らしが始まりました☆
 彼女が、昔買ったという「ガイアトロンカップ」を持ってきたので、私も使わせて頂いております。
 確かに水は美味しくなりますね。カルキ臭さが結構緩和され、スッキリとした味わいで飲みやすくなります。
 でも、頭良くなったりしないし、これを使ったおかげで私が滅ぼされるということもないでしょうねwww
 まあ、何もないとは思いますが、もし何か変化があればこちらでご報告させていただきます☆
posted by Riot at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

サッカーW杯日本代表の戦いに思う

 今更ですが、ついに始まったW杯。本来ならTVで見たいのですが、現在TVが無いので、スポーツ新聞やネットで結果を確認しております。
 日本代表の初戦、本当に残念でした。ラスト10分で3点取られるなんて、「キャプテン翼」みたいな試合展開ですね。
 オーストラリアの猛攻をしのぎ、よし勝てる! と思ったあの時間帯で点を取られて、ピッチ上の選手は相当ガックリ来たんでしょうね… この時のために身体も精神も鍛え上げ、大きなプレッシャーを乗り越えてきたはずの選手でも、このようにメンタルが崩れるものなのですかね。
 何があっても前を向き、モティベーションを失わない、強い心。私が想像できないほどに鍛え上げた選手ですら、持つのは困難なもののようです。私など、まだまだ全然その境地には至っていないのですが、少しずつそこに近づいていきたいものです。

 ちなみに小島露観は、この試合について「日本チームの終盤のバタバタの3失点は旧日本の未来を映像化したものだ。幸先良し!」などと相も変わらず適当なことを口にしております。やれやれ。
posted by Riot at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

DEATH NOTE、クライマックス

 漫画「DEATH NOTE」が、話のクライマックスを迎えております。
 まあ、私がうっすら思った通りになった感じがいたします。

 ザインもそうですが、いくら表面的な主義主張が正しかろうとも、それを貫く過程に不正義があれば、それはやはりおかしいのです!
posted by Riot at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

桜に思いを寄せる

 桜が咲きました☆ 花見頃です。他の花も綺麗に咲き始めるこの季節、いいですね。私も花見に行こうと思ってます。
 で、ザイン軍士のBlogなどでも、やはり桜がネタになってますね。まあ予想通りでしたが、「桜を愛でる気持ちは、私も彼等も同じだ」と信じたいものです。
 ただ、軍士の中には「もののあはれ」を解さない者もいるようで、茜薔薇は「桜が綺麗ですね、一年中咲いていればいいのに」といったことを営業メールに書いたらしいです。
 散り際の満開の桜が一番美しく、そしてはかなく散ってしまう… そこに趣を感じるのが「古来よりの日本人の心」かと思うんですがねぇ。彼女のような人間を見ていると、ザインの「自然復興」なんてのも嘘っぱちだよな、と改めて思うのでした。
 …何だか無粋な話になってしまいましたが、とにかく桜は綺麗です。特に散り際の満開の桜。今週半ばには花見の予定がありますので、いくらかのアルコールと共に、じっくり桜を愛でるとします。
posted by Riot at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

本を読みたい

 ここ最近、本を読みたい、知識を蓄えて思考を深めたい、という気持ちが大きくなっております。
 私は大学を辞め、フリーターをしながらなし崩し的にザインにのめり込み、そこを抜け出した後も「請負社員」(まあ、フリーターに毛が生えたようなものかもしれませんが)として働いております。
 残念ながら、経済的には「負け組」ってやつでして、周りの人達の大半は「その日暮らし」で日々を生きている感じです。他人はともかく、私は「格差社会の底辺、もしくはそこより少しだけ上」の現在の居場所を見渡して、この国の明日に不安を抱いております。
 大学を辞めてしまった私ですが、その後の社会経験、ザインに在籍していた際のカルト経験を経て、かつては「フーン」と思うだけだった本の数々が、非常に面白く思えるのです。
 世の趨勢も他人の思惑も個人にどうこうできるわけではありませんが、考えること、自分の意見を持ち、機会があればその意見を公開することは決して無意味ではありません。私はザインとの関わりにおいて、それを確信しております。思いつきとちょっとした義憤から始めた「2chのまとめサイト」が多くの方に閲覧され、ついには雑誌やTVで報道されるに至ったのですから。
 国家云々、社会云々、イデオロギー云々といった途方もない話ではなく、先ず個人がより良く生きるためにはどうしたら良いか? 自身の経験を踏まえて、じっくり考えてみたいですね。
posted by Riot at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

俺には夢がある

 って、昔甲本ヒロト氏が歌ってましたね☆ (…前回と同じような前フリで恐縮です)

 私の今の夢。それは、今付き合っている彼女との同棲です☆ 小さな小さな夢かもしれませんが、大事な大事な夢です。
 その資金を稼ぐために、今やっている仕事に加えてアルバイトを始めました。なかなか忙しくなり、頻繁な更新はできませんが、少なくとも月に一度程度は更新をかけようと思っております。
 今の夢を叶えたら、次は結婚… その次は… 夢は膨らみます☆

 ザインから離れた方の多くは、くだらない束縛から離れて、皆新たな人生を歩み、希望の感じられる日々を送っておられるかと思います。嬉しいことです。
 それに引き換えザイン会員は、ブログや商品の体験談を読むと、「…の効果を体感した」という相変わらずのものや、現実感のない夢をつらつらと語っただけのものばかり。彼等は「ちょっと頑張れば、現実に叶う夢・願望」を追いかける気はないのでしょうか。
 身近な願望こそ、人に生きがいをもたらすものだ、と私は思う次第です。
posted by Riot at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

長生きロックンロール

 かつてのRAINBOWで、ロニー・ジェイムズ・ディオは「Long live rock'n roll」と熱唱しておりましたが、ベタに直訳すると「長生きロックンロール」なんですよねw
 というわけで(どういうわけだ?)今日は健康の話をば。

 最近、私の職場の同僚がいきなり入院と相成りました。漏れ伝わってくる話だと「面会謝絶」「集中治療室で治療を受けている」ということだったのですが、何と心筋梗塞だったと判明。まだまだ若く、それほど年のいった方ではないのに…と大変驚きました。
 幸い一命を取りとめ、現在はリハビリに励んでいるとのこと。
 が、普段それとなく横を見ればいるはずの同僚が、いきなりこんな事になってしまう現実。命というのは儚いものだな…と改めて思い知らされると共に、他人事とは思えない気持ちです。
 心筋梗塞といえば、私が中学生のときに、お習字の先生の旦那様がこの病気で倒れ、お亡くなりになった…なんてこともありました。あの時も突然の出来事で、かなり驚きました。

 どこかの教団が言っている「不老不死」などというものはありません。
 命には限りがあります。私に与えられた時間とエネルギーには限りがあります。いきなりそれが失われることだってあるのです。親から授かったこの命、これ以上後悔することのないように、意味のあることに、楽しいことに費やしたい、そう思うのでした。
posted by Riot at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

祝・金メダル「Nessun Dorma」

 トリノオリンピック、フィギュアスケート・荒川静香選手が見事に金メダルをとりました。やった☆
 生中継は見られなかったのですが、総集編で彼女の見事なスケーティングを拝見いたしました。美しいスピンにただただ唖然、鳥肌が立ちました。

 で、彼女の演技もさることながら、使われていた音楽「トゥーランドット」も素晴らしい! まあ有名曲なのですが、私の好きなメタルバンド・メタルの王者「MANOWAR」(マノウォー)が、この曲「Nessun Dorma」をカバーしているのです。

HMV検索結果・MANOWAR

 上記サイトで試聴できます。3曲目です。
 「偽メタルに死を!」をスローガンに鋼鉄の生き様を貫くこのバンド、バラードも絶品なのです。
 この「Nessun Dorma」もヴォーカルのエリック・アダムズが、静と動のコントラストの見事な演奏に乗って、時には優しく、時には朗々と、時には激しく歌い上げます。試聴では分かりませんが、ラストの力強いシャウトはいつ聴いてもゾクゾクものです。「暁に我は勝つ!」
 美しく、そして圧倒的に力強く! これがメタルの醍醐味です☆ てなわけで、荒川選手への敬意を込めた「おめでとうございます」と共に、MANOWAR版の「トゥーランドット」も皆様にお勧め☆☆☆でした!!
posted by Riot at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

DEATH NOTE〜人知を超えた力を持つ者が、それを振りかざしたとき

 最近私がハマッている漫画に、週刊少年ジャンプで連載されている「DEATH NOTE」があります。ここ1〜2年のジャンプはつまらないなぁと思っていたのですが、おかげでまたジャンプを読むようになりました。
 名前を書かれた者は死ぬ…という「デスノート」。それを偶然手にした少年「夜神月(ライト)」は、そのノートによって凶悪犯罪者に死の裁きを下し、世を変えていこうとする。しかし、世界の難事件を解決してきた希代の名探偵Lが、この事件の捜査に乗り出す…という内容です。
 この作品の面白さは、夜神月とL、メロ、ニアの機略縦横を巡らせた対決にあります。が、私はさらに違う見方をしています。
 夜神月は、警察に捕まらないために、またLを出し抜き死に追いやるために、その優秀な頭脳をフル回転させ、様々な策略を巡らせます。確かにその策略は、その場においては見事に当たるのです。しかし、不測の事態が後に訪れ、折角の策略が却って裏目に出てしまう。月は確かにその場その場では見事な手を打ち、私もそれを見て唸るのですが、結局はその弊害が自分に降りかかってくるのです。
 どれだけ「人知を超えた力」を持ち、「天才的な知恵」を持とうとも、偶発的な事態を完全に予測することはできないし、人間の心に根付く「意志」を捻じ曲げることはできないのです。
 しかも、月がノートを手にしたことによって、彼の家族にも不幸な出来事が起こり、ある成り行きから交際するに至った彼女(という言い方が適切か分からないが)は月に振り回され、(私の目から見ればですが)やはり不幸な結果に陥っております。
 どれだけの力を持とうとも、どれだけの大義があろうとも、それを単に振りかざしているだけでは不幸な結果に終わるのだ、と私はこの作品を読みながら思うのでした。
posted by Riot at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

言葉とは軽いもの

 ザインに在籍していたときや、退国して今に至るまでを振り返り、いつも思うことがあります。
 それは、「いかに多くの者が、口先だけ綺麗事を言い、行動が伴わないか」ということです。
 ザインは言うに及ばず、「被害者の会」の面々、オフで関わった人間など、私の身の周りだけ見ても、数え上げればきりがありません。もっとも、私自身を振り返ってみても、人のことを言えたほうではありませんが。
 言葉では何とでも言えるんですよね。「人をより良い方向に導く」とか「人を救う」とか、それはもう色々と。しかし、そういう発言をした人間が実際に言った通りに行動しているか…というと、むしろ言ったこととは逆のことをやっていたりする。「あなたは人を騙すために言葉を発しているのか」とさえ思えることもあります。
 勿論、やむを得ざる事情があって約束を守れなかった例もあるでしょう。しかし、自分の言うこととやることが違っていても何とも思わず、結果的に人を欺き、相手に不利益をもたらすことになっても屁とも思わない輩もまた存在するのです。まあ、「これからあなたを騙します、あなたに嫌な目に遭ってもらいます」とわざわざ宣言するアホウなどいないのですがね。約束は破られ、言葉などその場限りのもの…現実というのは実に苦々しいものです。
 「他人の言葉など信じない」とまでは言いませんが、どうやら「私を翻意させようとする言葉」ってやつはまともに信じないほうが良さそうです。私も少しは世間の味を知った…ということでしょうか。
 言葉が信じられないのなら、では何を信じれば良いのでしょうか。それはやはり「その人間が何をやったか」でしょう。
 どんな言葉で飾っても、人の行動は自らの動機に正直です。私の前で調子の良いことを言っていても、その人物が何らかの行動をしたときにこそ「本音」が透ける。そんな気がします。
 言葉に踊らされず、心を動かさず、その人物の行動や、それに伴う結果を見届けて判断を下す。これからはそうできるようになりたいものです。そして、守れない言葉で人を落胆させることのないよう、よくよく考えて言葉を発したい、そう思っています。
posted by Riot at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。