[PR] サメ軟骨 ザイン・ザイクス・株式会社シリウス・天業古代王朝の、核石・聖品・実態・体験談 〜zynekiller通信

2013年02月10日

最新版(2013年2月)シリウス会社案内より

どうも、Riotです。
こないだ、最新のシリウスのDMを入手したのですが…その中に、シリウス会社案内なるものが入っておりました。
様々な動向や実情が伺えるものでしたので、大ネタ・小ネタ合せて、ここに公開させて頂きます。


・団体名が「ZX帝國=第四帝國」から「大汗(だいかん)帝國」に変わっております。
 そして小島露観(伯壬旭)は「汗(ハーン)」という尊称を名乗っております。
 ふむ、ナチスに飽きたのか、今度はモンゴルのようです。
 …と思ったのですが「ザイクス」で検索されると批判サイトがわらわら出てくるため、その対策が一番の目的なのでしょう、きっと。

・シリウスの三か条として
 1.自然な心を持った人を支援する(精霊聖品)
 2.悪霊人間の作り出した不自然な社会を破壊する(悪魔聖品)
 3.人に秘められた運命力(ポテンシャル)を覚醒させる(スター・プログラム)
 といった内容が列挙されています。
 ソフト路線をこのまま行くのかと思いきや、言っていることは、今までと寸分のブレもありません。

・儀式についてですが…
 上級会員限定の「人物月旦シリーズ」なるものが、ひっそりと開催されている模様。
 人物月旦とは、小島が月刊BOSSに寄稿してる、人物評の作文です。
 「歴史上の偉大な人物のエネルギーを現代に復活させ、悪霊が作り上げた歪な社会構造を全て破壊することを目的に行われています」とのこと。
 シリーズ第一回として、昨年11月23日に「黒子・キリストエレウシス」なるものが開催されております。

・小島露観(伯壬旭)が出ずっぱりになることなく、このまま表舞台から消えゆくものかと思ったら、どうやら「悪魔営業路線」を完全に払拭するために、ここ1年ほど(一般向けには)露出を控えていたようです。
 巻頭言でエラそうに「宇宙の歪み」がどうこうと、既視感たっぷりの挨拶をぶち、「導師紹介」の項目に、最高顧問としてデンと登場。また、昨年12月のα祭「レンアイ・クリアリング」で導師を務めたほか、前述の「人物月旦シリーズ」でも導師を務めているであろうことから、露観はまだまだ健在です。
 露出が控えめになったことから、身体が弱っているのか、もう世代交代かとも考えたのですが、いやいやどうして、軍士や上級会員の前では依然として「唯一無二のトップ」として君臨し続けていたのでした。

・露観の息子、皇太子の翠剣君。
 彼、何と東大を辞めてます。「東京大学理科一類に入学するも、一切の勉学を放棄して中退」とのこと。卒業してシリウスに入社したかと思っていたのですが、違っていましたね。
 また、会報誌やら儀式の総評やらで、小島の思想をわかりやすく表現し伝えている(ことを、当方では確認しております)一方で、この会社案内では「経営者としてシリウスの各事業を統制しつつ、神文学教授として初学者向けのテキスト執筆を続けている」とあることから、露観の言葉を大衆に分かりやすく伝える役割を担っていることは間違いありませんね。
 彼の動向にも、要注意といえるでしょう。

・現在の店舗は、東京店・大阪店のみ沼津の店舗は軍士・上級会員のみが利用できる「プレミアム店舗」となっています。
 軍士や上級会員の多くが、沼津に移住してきている…という噂も、僕の耳には届いております。有馬さんの「創作ブログ」にて、有馬さんが沼津に移住していると思しき記述があることから、この噂の信憑性はゼロではないと考えます。

・スタッフ紹介。
 ・社長&営業部本部長 上杉魁
  「社長として剛腕を振るっているが、今も根が優しいのは秘密」とのことですが、ホントに根が優しい人であったなら、悪魔営業なんてしないと思います。
  ・東京店店長 頼外記(徒波酔境etc)
  ・大阪店店長 日の本総介(立屋瞬一郎etc)
  ・静岡店店長 竜胆志乃
  ・お客様相談室主任 雅樂元三

・ここしばらくDMでは「上級会員募集の告知」はおろか、上級会員資格の存在さえ一般にはほとんど伏せられていた状態だったのですが…久しぶりに「同志よ集え!」と勧誘に動いています。
 現在の上級資格は、軍士のほか、准軍士、帝民。帝民になるには、帝民登録が必要とのことです。
 また、今まであやふやにしていたザイクス…じゃなかった、大汗帝國の存在を明らかにし「シリウスの母体となる組織を、大汗帝國と呼びます」などと説明しております。

・帝民になることでの特典について。
 ・聖品効果の増大と、割引の適用。ちなみに割引率は10%。
 ・エレウシスを受けられる。
  (エレウシスを受けられるのは、帝民以上に変更になっている)
  (また「いま日本を含む世界中が音を立てて崩壊しているのは、帝國が25年間続けてきたエレウシスの力によるものです」との文言もあり、思わず失笑しました)
 ・神文学を学べる。
 ・剣(素戔神流)を学べる。
  ちなみに、現在は全国3か所で修練が行われているとのこと。

・「シリウス 用語解説」なんてものまであります。wikiに刺激を受けたのでしょうか。でも、ダブッてる項目に関しては、wikiのほうが詳しいです(苦笑)

・巻末のQ&Aで、シリウスへの疑問について色々答えています。
 ・「こちらは新興宗教なのですか?」という問いに関しては、「自分達は宗教法人ではなく、新興宗教を批判している『本物』である」と、従来どおりの回答が書かれております。
 ・「ネットなどでシリウスの悪口を見かけたのですが」とありますが(苦笑)、悪口以上に「かつて当事者であった者の批判」が目立っているのが現実じゃないかと思うのですが…それらの批判や暴露があまりにもクリティカルであり、見られてはマズいため「悪口」という形にしておく必要があるのかな…と推察します。
 そういや、かつて鉄つるぎさんも僕の言い分には「悪口」という認識でおりましたね。
 ここでは「悪口」「事実を曲解した中傷」ということになっていますが、たくさんの証人もいるし物証もあることから、「事実を曲解した中傷」には当たらないかと存じます。
 「もっとも、正しい理念を掲げる者にとって、誹謗中傷を受けることは避けて通れない道でもあります。かつてのカエサルやキリストが、当時の社会から大迫害を受けたのと同じように」とありますが、この手の理屈(我々は正しいが故に被害に遭っている)って、カルトが良く使うものですよね… そして、もういい加減、カエサルやキリストをダシに使うのはやめましょう、と思います。
 いつものように「我々が本物であるかどうかは、頭ではなくハートでご判断ください」と結んでいますが、大汗帝國側の言い分だけじゃなく、元会員のサイトやブログなどで得られる情報を全て精査した上で、ハートで判断して頂ければ、まず間違わないかと存じます。



以上、「株式会社シリウス・会社案内」より得られた情報などを、皆様にシェアさせて頂きました。

結局、いつも通り、今まで通りだということが良く分かる内容でございます。
しかしその一方、シリウスや大汗帝國に関する様々な事実を知らない一般顧客の方々が、(少ないながらも)上級会員に移行してしまうことを危惧するものでもあります。

団体名など、色々修正かけなきゃですね(汗)


2013年01月18日

2013年・最初の更新でございます♪

どうも、Riotです。
いやー、色々バタバタしまくってて、コメントへのレスや更新が今になってしまいました。
私の不徳の致すところです、本当に申し訳ありません。

(またか、もう慣れたよ…というツッコミが聞こえてきそうですが 苦笑)

さて、年が明けて、2013年ですね。
昨年は、いくつものアンチザイクスブログができ、また元会員同士の絆・連携といったものが充実してきたように思います。
ザイクス(シリウス)は、今までの悪行のあれこれをなかったことにして、心機一転、フレッシュな気持ちで商売をやりたい(その実、電話では「創業21周年」とか言ってるあたり、何という都合の良さか)と考えているようですが、元会員の多くに愛想を尽かされ、様々な事実が暴露されているという有様です。
そして、辞めた人間と連絡を取ることを禁ずる、辞めた人間の連絡先を破棄させる…といった努力もむなしく、元会員同士の絆は強まり、また広がっています。
それぞれに色々と大変なこともあるかと思いますが、元会員のみんなで、幸せになっていきたいものです。

緑姫・翠剣の路線になって、持ち直す可能性があることから、シリウスがどうなるか明言はできませんが…少なくとも、連中の今までの悪事をなかったことにする企ては、失敗に終わりそうです♪

そして今年は、「ザイン帝國の真実」開設10周年です♪
ダラダラと続けてきたとはいえ…長かったようで、あっと言う間でした。
ちょうどいい区切りとなるこの1年、Riotとしてできることを、これまで通り、少しずつでもやっていく所存であります。

徒然なるまま、テーマがまとまらぬままの乱筆乱文、読みづらい文章になってしまいましたが…
以上をもちまして、年頭(というには遅いよな…)のご挨拶とさせていただきます。
どうぞ、今年も「ザイン帝國の真実」「ザインwiki」をよろしくお願いいたします。

  by Riot

posted by Riot at 21:54| Comment(14) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

忘年会、おいでませ♪

2chのザイン(ザイクス)スレに、こんなカキコがありました。

>顧客VS社員、社員VS社員で仲悪い。
>“交流しよう”と言われても、そんな中に出てゆく気になるか?
>辞めた=イイ人とは限らないしさ。


当時の関係や、イヤーな気分になったことを思い出して、参加をためらっている方がいるのかもしれませんが…

人間、状況が変わり、時を経れば、色々と変わり得るものです。

僕の場合ですと…
僕をザインに誘った加藤さんは、現役時代には何だか冷たい感じがして、僕は内心、かなり苦手だったのですが…現在は、公私ともに良くして頂いている、大切な友人となっております。

まっ、一度「嫌だっ!」と強く思った感情が、簡単に切り替わるものでも、水に流せるものでもないことは分かっていますが、それでも、こういうケースもあるわけです。

「うわっ、この人苦手…」となっていた人と、改めてじっくりお話しし、仲良くなることもある。人の縁って、ホント、面白いものです。


そんなわけで、「辞めた人=イイ人とは限らない」という理由で参加を渋っている方、無理にとは言いませんが、思い切って、参加してみませんか?


日時:12月29日(土)17:30
場所:新宿

詳細につきましては、参加お申込みの方に
ご返信させていただきます。

↓こちらのフォームより、お申込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S12109991/

まだまだ、ご参加、お待ちいたしております♪


posted by Riot at 15:26| Comment(6) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

百科事典始めました

遅きに失した感が、無きにしもあらずですが…
ザイン(ザイクス・シリウス)の用語解説のwikiを作成しました。

ザイン(ザイクス・シリウス)用語事典

●団体から足を洗って社会の中で生きる元会員が、懐かしく眺めてはニヤニヤできる内容
●現在、ザイクス(シリウス)と関わっている方が、その実態を知るために役立つ内容
●ザイクス(シリウス)の問題行為・反社会的な実態を知りたい方が、事実やその背景を知るために役立つ内容

を目指しております。

もしよろしければ、ご覧くださいませ。

また、編集のご参加も大歓迎でございます。
(基本的には、専用のメールフォームからお願いしております)

さて、久しぶりに、サイトのほうも更新しないとですね…
僕も、もう少し、Riotらしいことをしなくては(苦笑)

posted by Riot at 10:03| Comment(3) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

年末・東京オフやります♪

どうも、Riotです。

年末に、東京で、元会員のみんなでオフ会を開催いたします。

みんなで楽しく飲んで、美味しいものを食べながら、
色々と、近況やら、当時の思い出話やらを、楽しく語らいましょう♪

日時:12月29日(土)17:30
場所:新宿

詳細につきましては、参加お申込みの方に
ご返信させていただきます。

↓こちらのフォームより、お申込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S12109991/

ご参加、お待ちいたしております♪
よろしくお願いします。


posted by Riot at 20:13| Comment(4) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

自分を一旦ゼロにする

選挙をきっかけに、考えたことをもうひとつ。

政治家を選ぶ基準に「政策立案能力」「政策遂行能力」「折衝・交渉能力」などがあると思うけど、意外に語られていないのが「人の意見を聞き、集約する能力」である。
メインとなる主義主張はあれど、虚心坦懐に相手の言い分を聞くことで、様々な立場の意見を集約した上で自らの主義主張を練り上げ、その上で政策を練り上げ、実際に遂行していく。

どっかで聞いた話だけど、「一旦、自分をゼロにする」ってやつやね。

相手の立場や状況、言い分を理解した上で、さらなる良案を作り上げる。

一旦推し進めたものでも、現状とそぐわなくなれば、その問題の当事者をはじめとする様々な人の意見を聞き、汲み取って、舵を取り直していく。

ホントは、そういったことが大切なはずなのだが、見事に問題にされていない。

主義主張をぶつけ合って、正しいと思ったものを有権者が選び、票を投じる…だけでは、すっごく皮相的だし、人気取りに走る政治家が出るのもアタリマエだと思うわけだ。

誰をも納得させるような主義主張をするよりも、自身の主義主張のうち現実にそぐわないものを改めていくこと、より多くの立場の意見を組み入れた主義主張にしていくことのほうが、大事なんじゃないかな。

そのためには、「ゼロになること」「自分を脇に置くこと」が必要なわけで。

さて、ゼロがどうこう…という話になると、つい我々は、どっかのハゲ氏を思い出してしまうものだ。

あの人の言う「ゼロ」って、「自分を全部捨てて、俺の言うことを全て頭から信じ込め、疑うな」ってことだったよね…
あの人の言う通りにゼロになってみた結果、僕らは色んなことを見失い、(一時的にせよ)バカになってしまった(汗)

ハゲ氏には、今こそ言い返したい。
まずは、お前がゼロになってみろよ。
自分を脇に置いて、(波動参謀以外の)人の話を聴いて、よく考えてみろよ。

…とまあ、とりとめもなく、色々思ったことを書いてみたのでした。


posted by Riot at 10:50| Comment(5) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

経緯と因果関係を知ることの大切さ

何となく思ったこと。
ザイクス問題、今の総選挙、どちらにも相通ずる、大衆のあり方の問題。

僕らは、ついつい、現状への不満にばかりフォーカスし、そしてその解決ばかりを求めがちだ。
「何でこうなってしまったのか?」という因果関係を知り、考えようとはしない。
本来ならば「経緯」「因果関係」といった、これまでに積み重なってきた現実をもとにしっかり考えないと、「では、どうしたらいい?」と考えるまでには至らないと思うのだ。

総選挙に関して言うならば、政治家やマスコミ(特に後者)は、こうした経緯や因果関係について、丁寧に取り上げようとはしない。その性質上仕方がないのかもしれないが、TVメディアが特にひどい。
「今の問題を解決する政策を打ち出して、有権者に選んでもらう」というだけで、有権者に「じっくり考えた上での判断」をさせようとはしない。

経緯や因果関係がぼやかされたままでは、知恵や、思想や、個人の確固たる価値観なんて、育ちはしない。「今、目の前にある問題」にだけフォーカスしてものを語っているだけでは、ただ、感情という名の「思考」「意見」を形成し、小賢しく声のデカい誰かの思惑にまんまと乗せられて流れていく「か弱く、そしてフワフワした大衆」が生まれるだけだ。

大体、民主主義っていうのは「経緯や因果関係を知り、ハッキリさせ、その上でしっかり考えられる大衆が投票する」ことで成り立つものだと思うんだよね。現在の民主主義は、賢き先人の理想とする民主主義とはかけ離れているよね。

かと言って、どこぞのハゲ様のように、民主主義を否定するつもりは毛頭ない。

経緯を、因果関係を、知るように努める。
その上で、考えるようにする。

そうしていかないと、日本人、ひいては世界人類は、より良い未来を手にするための進化・成長はできないんじゃないかなぁ。

人々を賢くしようとしない国家やマスコミなどの権力(もとより、権力とはそうしたものなのかもしれない、残念ながら)に呆れつつ、それを脇目で見ながら、「僕らは、どうすれば、本質的な意味で賢くなれるかな…」なんてことを考えるのだった。


posted by Riot at 21:47| Comment(2) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

核石の効果がない理由を、改めて考えてみる

ザイクス(シリウス)が販売している核石に、謳われている効果がないことは、このブログを覗いている方のほとんどが、既にご存じのことでしょう。
今回は、一歩踏み込んで、「じゃあ、何故、核石は効果が出ないのか?」ということについて、考察してみたいと思います。


恋愛とか、仕事とか、人間関係とか、金運とか、そうした願望を叶えるために、必要なことって、あるんじゃないかと思うんです。

「行動し、体験し、現実を知ること」
「目の前の現実を受け入れ、それを踏まえて、どうすればいいか考えてみること」


願望を叶えるためには、この2つが、絶対に必要です。

体験を通して…特に「うまくいかなかった体験」を通して、人は「このままではうまくいかない」「では、どうすればうまくいくだろうか?」と考え始め、新たな知恵やひらめきが生まれ、内面が変わり、それに沿った行動をとるようになっていきます。そして、その積み重ねで、願望を叶えていくための力を身に付けていき、それに応じて周囲の環境や態度も変わり、結果として願望が叶うのです。


ということは、本当に効果のあるパワーストーンというものは…

「行動し、体験し、現実を知ること」
「目の前の現実を受け入れ、それを踏まえて、どうすればいいか考えてみること」


の、お手伝いをしてくれるものなんですね。


そして、そういうパワーストーンは、ちゃんと存在します。
ヒカリタマ・カイさんのブログの、以下の記事をご参照ください。

パワーストーン紹介に関する補足

石を持つから願いが叶う…というよりも、石が、願いを叶えるために必要な出来事を引き寄せるのですね。あるいは、石が人間を選んでいるかのような出来事が起こる、と。


シリウスの核石に限らず「この石を持てば、願いが叶いますよ」というのは、うまくいかないことばかりで心が弱ってる人に対する甘言で、全く以て実体のない言葉であります。

ちょっと考えてみれば分かりますが、パワーストーンを持った途端に大成功した人って、見たことありませんよね? 「時間の神の力が宿った石」であれば、そういう人はたくさんいそうなのですが、広告以外でそんな人、見たことも聞いたこともありません。
だって、成功に必要なのは、それに伴う「中身」であって、決して「石」じゃないんですから。

本当に良いパワーストーンを売っている人は、「持てば願いが叶う」という生易しいことは、決して言わないと思います。そして、お客さんがパワーストーンを持つ持たないに関わらず、人生上に起こる出来事に対して、それをうまく受け止められるようなアドバイスをしてくれるはずです。


翻ってシリウスは「持てば、信じて委ねれば、効果が出ますよ」の一点張り。
もし謳われてる効果が出なかったら「それはメンゲン反応です」とか「では、こちらの聖品はいかがですか」とか、そんなのばっかりです。

目の前の出来事から学ぼう…という姿勢が、売る側、買う側、共に欠けている。

実に嘆かわしいことです。

まっ、売ってる側が、目の前の出来事よりも、小島露観の口から出た言葉のほうを真実だと思い込んでいるわけですから、どうしようもないのですが…


さらに言うならば…良いパワーストーンは、ザイクス(シリウス)で扱っているような質の低い石ではなく、上質な石です。

ザイクス(シリウス)が、原価の安い、クォリティの低い石を使うのは、意図しているかどうかに関わらず「プラシーボ効果」を当て込んでいるからではないか、と私は推察しています。

過去に、幹部たる北宮秀真さんが「もっと上質な石を使うべきだ」と具申して、退けられたことがありました。
もし上質な石を扱ってしまうと、色んな人生上の試練がお客さんに訪れてしまって、「効果なんて出ないじゃないか」とクレームの嵐になってしまうから…なのでしょうね。


そんなわけで、シリウスの核石に限らず、「持てばこんなにいいことありますよ」ということを調子良く並べ立ててるパワーストーン、パワーグッズは、須らく嘘八百です。ご用心、ご用心。


posted by Riot at 12:36| Comment(3) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

ザインについて取り上げられた本が出ました♪

どうも、Riotです。
本日、と学会の新しい本が出ました♪

トンデモ本の新世界 世界滅亡編 [単行本(ソフトカバー)] / と学会 (著); 文芸社 (刊)
トンデモ本の新世界 世界滅亡編 [単行本(ソフトカバー)] / と学会 (著); 文芸社 (刊)


色々なトンデモな人や団体を面白おかしく、かつ真剣に取り上げてる、と学会本。
何と今回は、ザインも取り上げられています!!

実は今回、ご縁あって、私も取材を受けまして、色々と情報提供をさせて頂きました。
原稿を拝見させて頂いたのですが、なかなか読みごたえのある内容となっております。

ご興味のある方、シリウスの隠された実態をお知りになりたい方、ぜひ読んでみてくださいませ♪


posted by Riot at 19:20| Comment(5) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

人は変わる、変われる、癒される

最近、ある元会員の方とやりとりしていて、このブログの過去記事を読み返す機会があった。

4年ほど前、僕はザインのことを振り返る記事を書いている。

「僕にとってザインとは」

その中で、

>僕は、憎しみでザインと対峙するのはやめようと決めてはいるけれど、
>それでも、僕の中からザインへの「憎しみ」がきれいさっぱり消えることは
>今後もないだろう。


と書いたんだけど、あれから4年近く経った今の僕には、ザインへの憎しみがきれいさっぱりなくなったのを感じている。

大きな変化は、ザインに関わった過去を「恥ずべきもの」と捉えていないこと。
そして「人間って、心が痛むと、そういう道を選んでしまうんだよね…」と、自分自身のことを、やさしく客観的に受け止められるようになったこと、だ。

今の僕は、ザインに対する個人的な憎しみというよりは、「社会悪だと認識し、世の中に知らせていこう」という気持ちで、できる範囲で動いてる感じだ。

多分、ここ数年で、自分の中にある痛み、辛さや悲しさをやさしく受け止め、やさしく認めて、その上で未来に目を向け、小さく行動し続けてきた、その積み重ねでこのように変化したんだと思う。

もちろん、簡単に痛みが癒されるわけじゃないし、乗り越えられるわけじゃない。
今、辛い人に対して、無責任にそんな風に勧めようとも思わない。

けれど、人間って、変われるもんなんだなー、と改めて思ったのだ。
辛いことがあっても、思うようにいかないことがあっても、そんな自分とやさしく向き合い続けることで、その悲しみはやがて癒され、色んなことが美しく、軽やかに変わっていく。
怒り、悲しむ自分をやさしく、力強く、めいっぱい肯定し続けて、癒されていくうちに…痛ましい思い出から痛みが消え、それは知恵と経験に形を変えるのだ。

確かに、人生には避け難い、苦しみや悲しみ、怒りや恥辱がある。

しかしまた、

生きることには、希望と可能性がある!

「自分を変えてくれる何か」にすがるまでもない。
ほんの小さなできる部分から、自分にやさしくしてあげて、能動的に生きることにこそ、希望と可能性があるんだ!

今の僕は、強く、そう思う。



posted by Riot at 14:20| Comment(7) | 徒然語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログでは、SEX教団・ザインザイクス天業古代王朝シリウス核石・の、内情と実態を書き綴っております。
シリウスは、詐欺まがい・押し売りまがいの霊感商法、性の儀式、軍事訓練などを行っております。
シリウス核石のことを知りたい方以外にも、ザイン(シリウス)を辞めた方、
ザイン(シリウス)を辞めようと考えている方、ザイン(シリウス)を辞めた元会員の方々・現在もシリウスに在籍する社員・会員の方に
ご覧になっていただきたいブログです。